クラウドファンディング事業を展開する株式会社CAMPFIREは「ソトコト」「MADURO」などのメディアを運営するRRデジタルメディアと、業務提携を発表しました。この業務提携は「地方創生をテーマとしたコンテンツ発信強化」を目的としています。

CAMPFIREは地域特化型クラウドファンディングサービス「FAAVO」を運営、地域に根差した様々な挑戦を支援しています。RRデジタルメディアは「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコマガジン「ソトコト/sotokoto online」を運営、世界のソーシャルグッドなコンテンツや事業を展開しています。

今回、業務提携の取り組み第一弾として、「ソトコロ」編集長の指出一正氏を発起人とした「ソトコトオンラインサロン」を、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」内に8月5日より開始するとのことです。

今後、RRデジタルメディアが運営するWebメディア「sotokoto online」とクラウドファンディングプロジェクトを連携した発信や、地域に関するクラウドファンディング起案促進などを展開していきます。

■株式会社CAMPFIRE

購入型クラウドファンディング事業、融資型クラウドファンディング事業、それらに付帯する事業の企画・開発・運営を行っています。2011年に、クラウドファンディング「CAMPFIRE」を開始。2012年にサービスを開始した地域特化型クラウドファンディングサービス「FAAVO by CAMPFIRE(FAAVO)」は、これまでに2,400件以上(2019年8月2日現在)のプロジェクトを掲載しています。

■株式会社RRデジタルメディア

メディア事業を運営する子会社等の経営管理などを行っています。「社会や環境がよくなって、そしておもしろい」をテーマとしたソーシャル&エコ・マガジン「ソトコト/sotokoto online」を運営。日本各地、世界のソーシャルグッドなコンテンツや事業を展開しています。