株式会社博報堂DYホールディングスが9日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高3329億7300万円(前年同期比2.6%)、営業利益69億5500万円(▲65.3%)、経常利益78億8200万円(▲63.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益25億7600万円(▲73.9%)となりました。

当第1四半期の売上高を種目別に見ますと、4マスメディアでは、「テレビ」「ラジオ」が前年同期を上回ったものの、「新聞」「雑誌」が減少し、4マスメディア取引合計は前年同期を若干下回りました。また、4マスメディア以外では、クリエイティブやマーケティング/プロモーション等が前年同期を下回ったものの、インターネットメディアの大きな伸びが寄与し、4マスメディア以外取引合計は前年同期を上回りました。また、売上高を得意先業種別に見ますと、主な増加業種としましては、「情報・通信」「官公庁・団体」「エネルギー・素材・機械」、また、主な減少業種としましては、「飲料・嗜好品」「外食・各種サービス」「家庭用品」となってます。

販売費及び一般管理費は、計画に沿って人件費を中心に積極的な費用投下を行った結果、10.6%の増加となり、その結果、営業利益は69億55百万円(同65.3%減少)、経常利益は78億82百万円(同63.6%減少)と、いずれも減益となりました。

今期の通期業績予想は、売上高6806億円(前年同期比2.6%)、営業利益190億円(▲43.5%)、経常利益208億円(▲41.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益125億円(▲54.2%)としています。