株式会社メディアジーンは、2019年のAmazon「プライムデー」に合わせて掲載した記事を通じて、数億円の売上と数万件の注文件数を達成したことを発表しました。この成果は、これまでのコンテンツ展開と比べて、過去最多となります。

コンテンツコマースに注力し、「売るメディア」へと成長

メディアジーンでは、2017年からコンテンツコマースのビジネスに注力。『ギズモード・ジャパン』、『ライフハッカー[日本版]』など、自社で運営する主要メディア横断型で記事を展開してきました。その売上は毎年伸び続け、2019年7月には2017年7月の売り上げと比較し「約700%」まで拡大、過去最大の成長を遂げました。最も売上の大きい『ギズモード・ジャパン』は、日本で有数の「売るメディア」へと成長しています。

メディアジーンは、コンテンツコマースについて、読者にとって有益なコンテンツであるとともに、読者のコンバージョンまでが追える、広告主・プラットフォームに依存しないメディア自身の主体的な収益源になる、購買などを始めとするさまざまなデータを集めメディアに還元・活用できるといった、複数の大きなメリットがあるとしています。また、これらの重要性は今後のメディアビジネスにおいて、より大きなものになると確信しているとのことです。

メディアジーンの今後のビジネス展開

  • D2C(ダイレクトtoコンシューマー)事業支援
  • Amazonなどを利用した販売支援
  • メーカーとの共同プロダクト開発
  • クラウドファンディングプラットフォーム『machi-ya』を活用したテストマーケティング