「北欧、暮らしの道具店」iOSアプリを提供開始…EC・Webメディアを包括するプラットフォーム構築

株式会社クラシコムは、ECメディア「北欧、暮らしの道具店」初となるiOSアプリの提供を開始しました。

「北欧、暮らしの道具店」は、北欧のライフスタイルの本質を取り入れ、自分たちらしく表現することをコンセプトとしたECメディアです。2007年9月に開店し、現在は月間1500万PV、今期の年間売上は30億円を突破する見込みとなっています。

リピートユーザー誘導の強化

SNSや外部サービスのフィード表示の仕様変更、料金体系の変化により、誘導コストが大きく左右されることから、より安定して既存顧客との接点を持つための一つの手段としてスマートフォンアプリを開発。iOSアプリでは、リピート誘導の強化、「フィットする暮らし、つくろう」をテーマにした様々なコンテンツを集約した独自のプラットフォーム構築を目指します。

様々なコンテンツを集約する独自プラットフォームへ

現在、「北欧、暮らしの道具店」では、2018年にWEBドラマ「青葉家のテーブル」、ドキュメンタリーや商品の紹介動画を公開する公式チャンネル、2018年から開始したラジオ「チャポンと行こう!」を公開しており、動画はYouTube、「青葉家のテーブル」はAmazonプライム、ラジオはSpotify、SoundCloud、Apple Podcastなど外部サービスを利用しています。

今後、こうしたコンテンツをアプリに集約し、動画の閲覧、ラジオを聴きながら買い物を楽しめるような仕組みを作る予定です。また、商品と同梱している隔月発行のリトルプレス(小冊子)のバックナンバーをアプリ内で無料閲覧できます。

同社はスマートフォンアプリにより、EC、Webメディア、動画、ラジオ、小冊子など様々な種類のコンテンツを一つにまとめ、独自プラットフォームとして成長させていくことを目指します。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事