ADK MSは、プログラマティック領域における、様々な広告主のニーズと市場環境の変化に対応するため、放送局のキャッチアップ(見逃し)動画を対象とした「ADK-PMP(CU Package)」、公式動画コンテンツへの広告配信に特化した「ADK-PMP(GYAO! Package)」、雑誌各社の提供するプレミアムメディアを対象とした「ADK-PMP(Magazine Package)」に続き、音声コンテンツへの広告配信に特化した「ADK-PMP(Audio Package)」のサービス提供を開始します。

ADK MSが提供を開始する「ADK-PMP(Audio Package)」では、「radiko(ラジコ)」でライブ配信中の番組内の局報・番宣枠や「Spotify(スポティファイ)」の楽曲聴取時のブレイクタイミングに対して、プログラマティック技術を用いて音声広告を配信します。

また、広告主の多様な配信ニーズに対応すべく、Data Chemistryが保有する『DC Catalyzer』が提供するWEB上での行動データやテレビ視聴ログデータ等も合わせて活用して参ります。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました