fbpx

Candee、D2Cをワンストップで支援する「D2C With.」の提供を開始

株式会社Candeeが、自社で運営するライブコマースサービス「Live Shop!」で培ったノウハウを活かし、インフルエンサーや個人のD2C(Direct to Consumer)ブランド立ち上げをワンストップで支援するサービス「D2C With.」の提供を開始すると発表しました。

D2Cブランド立ち上げの支援をパッケージ化

Candeeは「おいしい、共感をつくる。」をミッションに掲げ、ライブ配信や動画制作を中心にデジタルマーケティングを手がける企業です。これまでもアーティストやインフルエンサー、声優、クリエイターなどのD2Cブランド立ち上げを支援し、製品の企画・生産・販売・プロモーション・配送・カスタマーサポートなどをワンストップで実行してきました。

このナレッジを活かし、自身でD2Cブランドを立ち上げたい方の支援をパッケージ化し、商品企画からブランド運営までをスムーズに余分なコストをかけずに実施するとしています。

Candeeでは今後もYouTuber、クリエイターやインフルエンサーのブランド立ち上げを支援していくとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事