fbpx

note、「サークル機能」参加者が15,000人突破・・・投稿の公開範囲をプランごとに選択できる機能も

文章や写真、イラストなどの作品を配信する「note」を運営するnote株式会社は、2020年2月にスタートした『サークル機能』の参加メンバーが15,000人を超えたことを発表しました。

『サークル機能』はクリエイター同士が気軽に月額課金のコミュニティを作ることができる機能です。特に4月の緊急事態宣言に伴う外出自粛要請以降に参加者数が急増しており、現在、サークル開設数は2000超、サークルオーナーとメンバーの交流用の掲示板の投稿数は10万件を超えています。

今回、noteではサークルの交流で使われている掲示板において「投稿の公開範囲設定」を行うことが可能になりました。この機能搭載によって、サークル運営者が複数のプランそれぞれに向けて投稿を出し分けたり、サークル外部に対して内容を公開することが可能になります。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ワシントン・ポストはなぜ復活できたのか、伝説の編集長の引退【Media Innovation Newsletter】3/7号

今やデジタルのサブスクリプションで300万人の会員を抱え、ニューヨーク・タイムズに次ぐ成功例と目されているワシントン・ポスト。しかし2000年代以降かつての輝きは失われ、数度の希望退職も募られました。

お知らせ

関連記事