オトナル、音声広告でリアルタイムにメッセージを変化させる「ダイナミックオーディオ広告」を開発

株式会社オトナルが、『Spotify』『radiko』『朝日新聞アルキキ』『ポッドキャスト』などのデジタル音声メディアで、リアルタイムに音声広告クリエイティブを変化させ、自動最適化して広告配信を行う音声広告プラン『ダイナミックオーディオアド』を7月15日より開始しました。

『ダイナミックオーディオアド』では、音声広告クリエイティブをリスナーデータやシチュエーションに合わせてリアルタイムに作成することで、広告主からのメッセージを音声メディアのリスナーひとりひとりにパーソナライズ化して語りかけるように、広告メッセージを伝えることができます。

各リスナーの日時、曜日、天候、気温、エリア、音楽の好み、デバイスといった状況や条件に基づいて、それぞれに適する音声クリエイティブを音源素材の組み合わせにより作成し、広告配信することで音声広告のDCO(Dynamic Creative Optimization)を実現します。配信中や配信後に運用・調整をすることで、効果データに基づく広告配信の改善も可能です。

デジタル音声広告(オーディオアド)は世界的に市場が拡大している広告市場です。日本国内でも、スマートスピーカーやワイヤレスイヤホンの普及、音声コンテンツを聴くことのできる音声プラットフォームの多様化を背景に、デジタル音声広告市場は2025年には420億円の市場規模まで成長する見込みです。音声による(DCO:Dynamic creative Optimazation)は、アドテクノロジーを駆使した世界のデジタル音声広告提案で、最新のトレンドの一つです。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事