fbpx

オリコンの1Q業績、「ORICON NEWS」のPVは好調も広告は苦戦

オリコン株式会社が5日に発表した2021年3月期 第1四半期の連結業績(2020年4月1日~2020年6月30日)は、売上高9億6500万円(前年同期比▲8.8%)、営業利益2億1000万円(▲27.1%)、経常利益2億400万円(▲27.7%)、親会社株主に帰属する四半期純利益2億3200万円(31.4%)となりました(決算短信)。

コミュニケーション事業

顧客満足度調査事業の売上高は、前年同期比で3.3%増加しました。ランキング数の増加とともに商標利用やWEBプロモーションが増加しました。一方で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、商標利用の契約単価が下落したほか、一部の企業における商標の用途の絞り込み等により、顧客満足度調査事業全体でおよそ12,000千円の売上高が押し下げられました。

ニュース配信・PV事業の売上高は、前年同期比で7.8%減少しました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、各種イベントやプロモーションが中止・延期となり、タイアップ広告の一部を失注しました。さらに、自社メディアにおける企業からの広告出稿が減少したことにより、ページビュー当たりの広告単価が下落しました。これにより、ニュース配信・PV事業全体でおよそ93,000千円の売上高が押し下げられました。

一方で、自社メディア「ORICONNEWS」のページビューは46月の直近3か月実績で前年同期と比べ30%増加したほか、YouTube公式チャンネルも順調に再生数が増加しており、エンタテインメント分野を代表する有力なチャンネルとしての地位を確立しております。以上の結果、コミュニケーション事業全体の売上高は前年同期比17,202千円減(2.6%減)の648,474千円、セグメント利益は前年同期比24,120千円減(6.3%減)の360,298千円となりました。

その他の事業

データサービス事業では、音楽ソフト・映像ソフト・書籍のマーケティングデータを提供するオンラインサービス「ORICONBiZonline」を中心に、当社グループが保有するエンタテインメント関連データを活用したビジネスを展開してます。売上高は、前年同期比440千円増の163,004千円、セグメント利益は前年同期比6,974千円増の58,842千円となりました。

フィーチャーフォン向け事業の売上高は、市場全体の縮小により前年同期比で17.1%減少し、スマートフォン向け事業は競争激化等により前年同期比で7.3%減少しました。以上の結果、モバイル事業全体の売上高は前年同期比20,932千円減の153,761千円、セグメント利益は前年同期比15,676千円減の73,376千円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高43億円(前年同期比3.1%)、営業利益11億円(0.8%)、経常利益12億円(3.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益7億8000万円(1.9%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事