音楽配信サービスの利用率は15.5%…最も利用頻度が高いサービスはAmazonMusicと判明

株式会社ジャストシステムは定額制音楽配信サービスの利用状況について調査、結果を発表しました。

「定額制音楽配信サービス」利用者は15.5%。年代別では10代が最多の37.0%でした。ついで20代(23.5%)、30代(17.5%)、40代(10.0%)、50代(9.5%)、60代(6.0%)と、若年層の利用率が高い傾向にあります。

各種サービスの中で、最も利用頻度が高いサービスを挙げてもらったところ「Amazon Music」(34.1%)、次いで「Apple Music」(26.9%)、「LINE Music」(14.4%)、「Spotify」(9.0%)という結果になりました。利用の理由としては「楽曲の多さ」(47.6%)が最多で、「楽曲の内容」(31.8%)、「コストパフォーマンス」(30.0%)などが続いています。

定額性の音楽配信サービス利用者の中では、楽曲をSNSでシェアすることが広がりつつあり、37.1%がシェアした経験があると回答。サービスごとにシェアする利用者の割合が最も高かったのは「Spotify」(66.7%)、次いで「YouTube Music」(50.0%)でした。

「利用頻度は、ほぼ毎日」と答えた利用者の割合が最も高かった定額制音楽配信サービスは「AWA」(64.0%)、次いで「Apple Music」(63.6%)、「YouTube Music」(53.1%)となっています。

また、「週に2、3回以上」の利用者の場合でも、最も割合が高かったのは「AWA」(84.0%)で、「Apple Music」(83.3%)、「Spotify」(80.6%)が続き、「AWA」はヘビーユーザーが多いことが判明しました。

[調査概要]
調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2020年8月度)』
調査期間:2020年8月17日(月)~2020年8月21日(金)
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事