米大手出版社のサイモン&シュスター、ペンギンランダムハウスが買収

バイアコムCBSは、傘下で出版大手のサイモン&シュスター(Simon&Schuster)を、同業で米国で最大手のペンギンランダムハウスに売却すると発表しました。売却金額は21億7500万ドルで全額現金。

同社を巡ってはバイアコムCBSが非中核事業だとして売却方針を示し、入札が行われていると伝えられていました。今月中旬のウォール・ストリート・ジャーナルの報道では、ニューズ・コーポレーションなども傘下し、ある会社は17億ドルを上回るオファーを出しているとしていました。蓋を開けてみると20億ドルを超える規模となりました。

プレスリリースでも「世界で最も有名な出版ブランドであるサイモン&シュスターを反映して、世界中の買い手から関心を集めた、非常に競争の激しい入札の結果です」と述べられています。

サイモン&シュスターは30以上の出版ユニットで構成され、スティーブンキング、 ドリス・カーンズ・グッドウィン 、 ジェイソン・レナルズなどの人気作家を抱え、過去のライブラリには「風と共に去りぬ」「人を動かす方法」「7つの習慣」など日本でも良く知られた作品が存在します。

買収は規制当局の承認後、2021年に完了する予定で、サイモン&シュスターのCEO、COO、CFOなどの経営陣は続投するとのこと。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

広告付き動画配信が生み出す巨大市場【Media Innovation Newsletter】8/15号

動画配信各社が、広告付きのプランを相次いで発表しています。ウォルト・ディズニーは「Disney+」の広告が入ったバージョンである「Disney+ Basic」を12月8日から米国で提供開始すると発表。ただし、価格は7.99ドルで、現行の「Disney+」と変わりませんが、現行版が10.99ドルに値上げされ「Disney+ Premium」となります。広告付き版でも全てのコンテンツが利用できるということです。

マイネット、ティーアンドエスからバスケットボールメディア事業を譲受

株式会社マイネットは、株式会社ティーアンドエスが...

クックパッドの第2四半期、レシピ広告が減少し減収・・・大きな赤字が続く

クックパッド株式会社が12日に発表した2022年...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事