地方メディアのサブスクは前年比50%増…2021年の課題は?

サブスクリプションの収益管理とデータ分析を行うマザー(Mather)は、2020年における地方メディアのデジタルサブスクリプションが前年比50%増となり、パンデミックやその他の主要ニュースにより大幅に増加したことを発表しました。

地方メディアのデジタルサブスクリプションの増加

北米の主要ニュースメディアの購読データを扱うコンサルティング会社「マザーエコノミクス」(Mather Economics)は、あらゆる規模の138のメディア市場における報道機関を分析しました。分析の結果、2020年11月までの1 年間にデジタル発行部数は51.2%増加し、印刷部数は12.9%減少したことがわかりました。また、2020年に開始されたすべてのサブスクリプションのうち25.6%がデジタルであったことが明らかになりました。同社は、2020年のデジタルサブスクリプションの増加が、前年よりも大きいと発表しています。

主要ニュースメディアのデータはその傾向を裏付けており、米国最大の地方ニュースメディアであるガネットは、2020年の第3四半期に有料かつデジタルのみのサブスクリプションが前年比31.1%増の約100万人に到達したと報告しました。米新聞社のトリビューン・パブリッシングは、デジタルサブスクリプション会員数が第3四半期末に42万7千人に達し、前年の31万4千人に比べて36%増加しました。米日刊紙のロサンゼルス・タイムズは、有料かつデジタルのみのサブスクリプション会員数が、2020年1月時点で16万8千人でしたが2020年12月には25万7 千人に達し、11か月で52.8%増加しました。

2021年の課題

デジタルサブスクリプション会員数が増加するなか、「購読者の維持」「メディアの規模」「新規会員獲得にかかる時間」「従業員数に影響を受けない経営」などが2021年の課題と考えられています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Yuka Hirose
Yuka Hirose
ライター・翻訳者。大学で工学を学び精密機器メーカーで勤務ののち、2020年に独立。群馬県出身。

関連記事