fbpx

日経が「NIKKEI LIVE」を今春オープン、今年のテーマは「環境シフト社会」

日経グループは今年春、日経電子版内にオンラインイベントを一覧できるサイト「NIKKEI LIVE」を開設します。視聴者と双方向で直接つながるオンラインの強みを生かし、新聞、出版、テレビ、電子版に次ぐ新しい情報発信の場を提供します。「NIKKEI LIVE」では最新のイベントを紹介するほか、検索やカレンダーから自分の関心に合ったイベントを簡単に選べる機能を搭載。

日経電子版のニュースと連動した新しいイベントもスタートさせ、国内外で発生した最新ニュースや旬のテーマを専門家やベテラン記者がタイムリーに解説し、視聴者の質問に答えます。今回のライブ配信は、サイト開設前のプレイベントと位置付けています。

第一弾として最先端テクノロジーを発信する世界最大の見本市で、今年はオールデジタル開催となった「CES」で1月14日(木)18時から、日本経済新聞社のシリコンバレー駐在記者が「シリコンバレー記者 近未来を読み解く」がテーマのライブ配信を行います。

今回の配信では駐在記者らが、ポスト5G、ロボティクス、次世代コンピューティングなど、テックの近未来を読み解き、参加者からの質問にも答える予定です。日本経済新聞や電子版でのリアルタイムのニュース記事では紹介しきれない情報も届ける予定で、GAFA、BATHなど米中のテックを巡る覇権争いで隠れがちな「次の主役や技術」を紹介していきます。

概要
日時:2021年1月14日(木)18:00~19:10(日本時間)
会場:オンライン開催
定員:500名
参加費:無料
申込締切:2021年1月13日(水)
https://eventregist.com/e/nliveces2021

プログラム
(1)CES 2021からみえたテックの近未来
(2)日本勢のリベンジは?
(3)Q&A

登壇者
佐藤浩実(Hiromi Sato)
企業報道部、日経ビジネス(雑誌)を経て、2017年10月からシリコンバレー支局。エンターテインメントからエンタープライズまで取材・執筆。

奥平和行(Kazuyuki Okudaira)
シリコンバレー支局長。企業報道部、名古屋支社、シリコンバレー支局、編集委員・論説委員などを経て2019年10月から再びシリコンバレー駐在。著書に「メルカリ 希代のスタートアップ」など。

田中暁人(Akito Tanaka)
編集委員 兼 論説委員。2006~10年に米シリコンバレー支局でテクノロジー業界全般を担当。その後、企業報道部にてエレクトロニクス業界や自動車業界の取材チームを統括。 19年4月より編集委員として、テクノロジー業界全般をカバーする。

また、日本経済新聞の今年最大の編集テーマは「環境シフト社会」で、再生可能エネルギーの切り札、日本をけん引してきた自動車産業を変えられるかなど、新年からスタートした企画記事に続き、環境問題が社会、企業、市場、国家、そして地球にもたらす衝撃をデータと取材を通して描き出し、専門家によるシンポジウムなど様々な手法で、21世紀を動かす最大のテーマの解を探るとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事