fbpx

エレベーター広告スタートアップ「株式会社東京」、総額3.6億円の資金調達

東大発のエレベーター広告スタートアップである株式会社東京は、更なる事業拡大に向け、三菱地所株式会社をリード投資家、既存投資家であるXTech Ventures株式会社(XTV)及びエンジェル投資家を引受先とする第三者割当増資を行い、総額3.6億円の資金調達を実施しました。

株式会社東京は、東京都心部のオフィスビルを中心に、エレベーターホールサイネージ「東京エレビGO」を合計600台以上設置している、エレベーター向けメディアを開発する企業です。リード投資家である三菱地所とは、2019年11月に共同でジョイントベンチャー「spacemotion株式会社」を設立しており、パートナーとして事業を展開しています。

2021年12月末までに「東京エレビGO」を累計2000台設置することを目標に掲げている同社は、主に機器設置費用・営業費用に充当するため、シリーズAラウンドで総額3.6億円の資金調達を実施。オフィスビルの物件価値向上を目指すほか、放映コンテンツ開発、都心オフィス環境に特化した他メディアとの連携にも注力します。今後、オフィスワーカーが情報に触れるタッチポイントを増やしていくことを目指します。

東京エレビGOとは

エレベーターホールに展開する「無人コンシェルジュ」サービスです。無料でエレベーターホールに設置できるスマートディスプレイにより、コンテンツ放映やビル管理者のお知らせ配信を行います。

spacemotion株式会社とは

spacemotionは、日本初となるエレベーター内プロジェクション型メディア事業「エレシネマ」を展開しています。東京エレビGOと連携しながら、エレベーター外・エレベーター内の両面から顧客体験を向上します。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事