話題の本や長編記事などノンフィクションに特化したサブスク「SlowNews」が提供スタート

スマートニュース株式会社の子会社であるスローニュース株式会社は、話題の本や国内外の長編記事などノンフィクションに特化したサブスクリプション型Webサービス「SlowNews」の提供を開始しました。

「SlowNews」は、ノンフィクションの傑作や話題の本、国内外の長編記事など厳選したコンテンツを提供するWebサービスです。アプリをダウンロードする必要がなく、スマートフォンやPC、タブレットなどマルチデバイスで閲覧することができます。

コンテンツは横書きで表示。本や記事は、3,000~7,000字ごとに区切って配信します。フォントサイズや背景色、縦書き・横書き表示はカスタマイズに対応。利用料は、月額1,650円(税込)の定額制です。

コンテンツは、講談社ノンフィクション賞を受賞した安田浩一氏の「ネットと愛国」、本田靖春ノンフィクション賞を受賞した松本創氏の「軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い」など話題の書籍や時代を超えた傑作、ノンフィクションや調査報道の長編記事を厳選して配信します。

サービス開始時、書籍は岩波書店、KADOKAWA、講談社、光文社、東洋経済新報社、文藝春秋の協力の下、100冊以上のノンフィクション作品を掲出。記事は、The New York TimesやThe Guardianなど海外メディアの調査報道の翻訳記事を収録します。

オンラインメディアとして初めてピューリッツァー賞を受賞した米国の非営利ニュースルーム「ProPublica」の記事は、世界で2番目、日本で初めて提供。朝日新聞出版のニュース週刊誌「AERA」から、人物ノンフィクション「現代の肖像」の話題作も配信するとのことです。配信作品は随時、追加、更新予定です。

スローニュースが調査報道に取り組むジャーナリストへ取材費用の支援などを行う「調査報道支援プログラム」からもコンテンツを配信。オリジナルコンテンツとして、高橋ユキ氏、宮下洋一氏、横田増生氏、吉田千亜氏らプログラム参加者が提供する記事を独占配信します。なお、このサービスの収益の一部は同プログラムに使用されます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,436フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger