「今が好機」メディアのYouTube市場参入戦略とは・・・フォーエムとAnyMindが解説

2月24日、AnyMind Group株式会社の子会社である株式会社フォーエムが主催するウェビナー「メディアグロース戦略としてのYouTube活用」が開催されました。フォーエムのWeb Growthマネージャーである佐野智輝氏、AnyMind Group CreatorGrowth事業部でYouTubeチャンネル運用支援を担当する扇山直斗氏が登壇し、メディア企業がYouTube市場への参入・チャンネル運用を行っていく際の戦略の立て方や、AnyMindが提供するTouTubeチャンネルのグロースサービスについての解説が行われました。

事業内容紹介

株式会社フォーエムは、AnyMind Groupに属し、グーグルの公式認定パートナーとして媒体社のメディアグロース支援事業を展開しています。事業内容は、マネタイズのハンズオン支援や施策立案、純広告の商品策定などの支援を行うメディアパートナー事業と、メディアがグロースするための様々なツールを提供して支援を行うメディアマネージャー事業の二軸です。

AnyMind Group株式会社は、ブランドの生産やEC構築、マーケティング、物流をワンストップで支援するプラットフォームを、世界で13市場、17拠点で提供するテクノロジーカンパニーです。そのひとつであるクリエイターグロースチームは、クリエイターやWebメディアのYouTubeチャンネル、TikTokチャンネルの運営支援、最近では中国の動画プラットフォーム「bilibili」などへの事業展開支援を行っているとのことです。

なぜ今YouTubeなのか

まず、広告業界トレンドとユーザー動向の観点から、今YouTube市場へ参入するメリットを佐野氏が解説しました。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事