広告オーディエンスの多面的な深堀分析ができる「Audience Dive」が提供開始・・・博報堂DYMPとDACが連携

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、「博報堂DY次世代メディアソリューションズ」の第四弾として、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)とともに、Google広告データを活用して広告オーディエンスの多面的な深堀分析をダッシュボード上で提供する「Audience Dive」(商標登録出願中)を開始することを発表しました。

「博報堂DY次世代メディアソリューションズ」は、広告主の広告効果最適化を通して事業成長に貢献するソリューション群です。その第四弾として提供される「Audience Dive」は、広告配信時に設定していないターゲティングセグメントであっても広告効果を事後分析でき、一度の広告出稿によってオーディエンスを広く分析できます。管理画面では確認できない切り口での分析をダッシュボード上で継続的に確認することができ、広告効果の定期的な改善に繋げることが可能です。

博報堂DY次世代メディアソリューションズ

「Audience Dive」3つの特長

これまでは配信の際に設定したターゲティングの成果しか確認できませんでしたが、広告配信後にターゲティングセグメント(性別年齢、地域、興味関心、購買意向)毎の広告効果を事後分析できます。これにより、事前にターゲットとして想定していなかった埋もれたユーザーを炙り出すことができます。

また、ダッシュボードで効果的な分析内容を汎用的に提供する仕組みを取っており、このダッシュボードで提供されるレポートはオンラインで管理されています。更新も全てオンライン上で完結しており、データが全てデータウェアハウスに置かれることにより、定期的なデータ更新も迅速に対応できます。柔軟なカスタマイズにも対応が可能とのことです。

さらに、広告オーディエンスを深堀するための多面的な6つの分析の切り口である「Targeting Potential」「View Trend」「Conversions」「Campaigns」「FQ Cut」「Reservation」があり、それぞれ視覚化されたUIで確認できます。

6つの切り口分析とそれぞれのダッシュボードイメージ

Targeting Potential

アフィニティやIn-Marketに基づいて、どのターゲティングセグメントにポテンシャルがあるかを確認することができます。配信時に設定していないセグメントでも、配信後に各セグメントの結果の確認が可能です。「View Trend」YouTube、TrueViewのクリエイティブ別の視聴態度(Skip率/視聴完了率/クリック率など)を性別年齢や地域、興味関心などの様々な切り口で比較し確認できるようです。

View Trend

性別年齢や地域、興味関心などの様々な切り口で、YouTube、TrueViewのクリエイティブ別の視聴態度(Skip率/視聴完了率/クリック率など)を比較し、確認できます。

Conversions

設定した複数のCV地点毎の成果を確認できます。各CV地点への広告効果を様々な切り口で可視化することが可能です。

Campaigns

管理画面では見ることができなかった商材やキャンペーンを横断した重複リーチやインクリメンタルリーチを確認できます。

FQ Cut

ユーザーレベルのデータの集計による接触回数(FQ)毎のパフォーマンス結果を性別/年齢別で確認することが可能です。各セグメント最適な接触回数の策定や、接触回数と広告効果の関係を確認できます。

Reservation

YouTube予約型メニューで今までの掲載終了レポートでは見られない性別年齢別や、都道府県別での配信結果を確認できます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事