混雑傾向を可視化する「お買物混雑マップ」がニュースアプリ「SmartNews」と連携開始

株式会社unerryが運営する無料サイト「お買物混雑マップ Powered by Beacon Bank」は、スマートニュース株式会社のニュースアプリ「SmartNews」との連携を開始したことを発表しました。

「お買物混雑マップ」は、全国約4.9万店舗近辺の曜日・時間帯別混雑傾向を可視化する無料サイトです。混雑傾向は、スマートフォンアプリの位置情報をベースとした人流ビッグデータをもとに掲載。「通常より混雑」「通常程度」「いつもより空いている」の3段階で知ることができます。SmartNews「お買物混雑マップ」は、SmartNewsで「混雑マップ」チャンネルを追加すると表示されます。

連携の背景

昨年5月に新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため、同社は「3密」を避けた買物をサポートする無料サイトとして「お買物混雑マップ」を公開。同時に、主旨に賛同するメディアとの連携を積極的に進めてきました。SmartNewsとの連携により、混雑の分散を図る「時差買い物」がより促進されるものと考えています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,470フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

オプト、広告クリエイティブの制作にChatGPTと効果予測AIを活用 広告業界初

株式会社オプトは、広告業界初の取り組みとなる、O...

2月TVCM放送回数ランキング 体調不良を予防する商品のCMが増加

SMN株式会社のグループ会社である株式会社ゼータ...

黒人テックコミュニティを支援するメディア「The Plug」が活動終了、新たな道へ

米国で黒人のテックコミュニティの支援を行ってきた...

関連記事