ニューヨーク・タイムズ技術系職員の労組結成・・・デジタル版成長の裏で現れた不満【Newsletter Daily Edition】4/15号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。在宅勤務が続く中、Google Homeに「オッケー、グーグル」と呼びかけることが多くなりました。最近では安く手に入るので、自宅に導入してみてはいかがでしょうか。(もちろんPR記事ではありません)

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

4月15日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

ニューヨーク・タイムズの技術系労働者の組合が組織される (New York Times 英文)

ニューヨーク・タイムズ社は、サブスクリプションモデルの構築に成功しているパブリッシャーとして有名で、現在700万人もの有料デジタル購読者がいます。2025年までにその数を1000万人まで伸ばすことを目指している同社は、ソフトウェアエンジニア、デザイナー、データアナリストなどの技術系社員の採用を強化。

デジタル化を進めるなかで様々なプロジェクトを試行錯誤する同社について、組合のメンバーの一人は「とてもエキサイティングなことですが、同時にとても疲弊しています」とコメント。待遇の改善や雇用の安定、多様性や包括性の向上を求めるとしています。

Instagram上のブランドアカウントの投稿へのエンゲージメント率が、現在は2019年の水準まで低下 (socialinsider 英文)

ソーシャルメディア分析を行うsocialinsiderの調査によれば、Instagramでブランドアカウントの投稿へのエンゲージメントが伸び悩んでいるそうです。コロナ禍突入直後の2020年前半にはオンラインサービスの利用が増えたことで急上昇したものの、夏以降は右肩下がりとなっており、現在は2019年と同水準に落ち着いています。ライバルのTikTokの成長が影響しているのでしょうか。

そのほか、「カルーセル投稿(1つの投稿で複数のリンク付き画像を投稿すること)は中規模企業で特に有効」、「若い世代は長い文章を好まないため、静止画では10語程度、動画では30語程度のキャプションが効果的」「静止画より動画にコメントがつきやすい」などの興味深い特徴が報告されています。

バブル渦巻く「NFT市場」トラブルに誤解も…今からでも遅くない、仮想通貨ブームの“基礎知識” (Business Insider Japan)

2021年予測:モバイル広告とゲーム内広告 (ExchangeWire Japan)

4月15日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

激動の「YouTube 2.0」を生き抜くためには? 急成長するBitStar渡邉社長に聞く【会員限定】

クリエイターサポートやコンテンツ制作支援、動画コンテンツやクリエイターを活用した広告事業を展開するBitStarの代表取締役CEO 渡邉氏のインタビュー記事です。「YouTuber」という存在が一般的となり、競争が激化しているなか、個人・企業ともに戦略的に戦っていくことが必要とされています。そんな時代に、BitStar社はどのようなアプローチを仕掛けているのでしょうか。

巨額訴訟で破産した「Gawker」が復活へ、Bustle Digital Groupの元【会員限定】

ロイターニュース、初の女性編集長としてアレッサンドラ・ガローニ氏を指名【会員限定】

アカリ、クリエーターやコンテンツホルダーのための新サービス「Chapters」リリース

Gunosyの第3四半期、減収ながら増益・・・ゲームエイトが好調

コンテキスト広告をグローバル展開するGumGum、ゴールドマン・サックスから7,500万ドル(約82億円)を調達

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事