fbpx

ネットフリックス、新規会員獲得が大幅鈍化・・・2021年第1四半期の業績発表

4月20日、ネットフリックス(Netflix)は2021年第1四半期の業績を発表しました。営業利益及び利益率は約20億ドル、27.4%と過去最高を記録し、前年同期の約10億ドルに対しておよそ2倍にまで増加しています。一方、有料会員数は約2億800万人と増加を維持しつつも予想よりも200万下回り、四半期の増加数も約400万人で前年同期の1600万人から大きく下回りました。同社によれば新型コロナウイルスの影響から、2020年は2021年分を前倒して会員数が大幅に増加していたこと、2020年におけるコンテンツ制作の遅延が要因と述べられています。

営業利益過去最高の背景

ネットフリックスは売上、営業利益ともに非常に好調であり、売上は2020年第1四半期の57億ドルから右肩で上がり続け、今期は72億ドルまで成長しています。営業利益は昨年は10億ドル~13億ドルの間を推移していましたが、今期は約20億ドルで事前予想を上回り過去最高を記録しました。この要因として、コンテンツ制作の遅延が続いており、償却費用が10%程度しか増えていないことと、2020年の大幅な有料会員増加があると述べられています。

今年2021年の営業利益率の目標は変わらず20%と設定しており、将来の成長に対してはインターネット上のエンターテインメントはまだまだ成長の余地がある、と楽観的な見通しでもあるようです。また、コンテンツ制作に関して、ワクチン接種が今のスピードで進むと仮定すれば、170億ドル以上を費やし、さらに多くのオリジナル作品を提供できると述べています。

有料会員数の推移と予測

有料会員数も同じく右肩上がりで好調で、2020年の第1四半期には1億8000万人であったのが今期には2億800万人まで増加しています。ただし、同社は2億1000万人を当初の予想としており、200万人届かず未達という結果となりました。四半期ごとの会員増加数についても2020年は第3を除き、平均1000万人でしたが、今期は400万人と大きく鈍化しています。この鈍化の原因として、新型コロナウイルスによってコンテンツ制作が遅延し、今期に提供できる新コンテンツが少なくなったことを挙げています。それを踏まえ、下半期にはオリジナル作品の公開やヒットシリーズの復刻に力を入れ、有料会員数増加が加速されることを見込んでいるようです。

一方、新規会員獲得ではなく現行会員の維持という観点では、今期の解約率が前年同期を下回る水準となっており、顧客の満足度が上がっていると言います。さらに、顧客の世帯ごとのエンゲージメントも年々堅調な成長を記録しているようです。こうした背景には、同社のコンテンツ戦略が影響していると考えられます。ネットフリックスのコンテンツは多くの方に見てもらえるように幅広いジャンルのシリーズを提供しています。これは、人々の嗜好に合わせるという意味だけでなく、ある人のそのときの気分にも合わせる側面もあるようです。加えて、同社では世界中のその土地ならではの作品を作ることにも注力しており、タイトルを現地語にすることでその土地の視聴者へ与えるインパクトを重視しています。

2021年からの新たなサービス

第1四半期に、ネットフリックスは2つの新サービス提供を開始しています。1つは、第1四半期に開始したAndroid端末向けの「Download for You」というコンテンツの自動ダウンロードサービスです。利用者の端末に自動でおすすめの番組や映画が自動でダウンロードされるため、気が向いたときに接続環境を気にすることなく嗜好に合ったコンテンツを楽しむことができます。もう一つはiOS端末向けの「Fast Laughs」というコメディ配信サービスです。サービス上のフィードから気軽にコメディを再生し、次から次へと絶え間なくコンテンツを楽しむことができるようです。

業績が絶好調のネットフリックスですが、新規会員の獲得数は昨年から大きく減少しています。次の四半期で挽回できるのでしょうか。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事