テレビ番組を最も好きなのは10~20代…「テレビ番組視聴意識調査2021」

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は、テレビ局の制作したドラマ、バラエティ、報道、アニメなどのテレビ番組への好意度と視聴スタイルについて調査する「テレビ番組視聴意識調査」を実施しました。調査対象は全国15~69才の男女1175名です。

テレビ番組への好意度を尋ねたところ、27.8%が「とても好き」と回答しました。年代別に見ると、「10-20代」33.9%、「30-40代」23.9%、「50-60代」27.2%となり、「10-20代」が最も多くなっています。

次にテレビ番組の視聴機器を尋ねたところ、利用する機器で最も多いのは81.4%が回答した「テレビ受像機」でした。10-20代を見ると、全体と同じく63.7%が回答した「テレビ受像機」が最も多くなっていますが、上の年代に比べると低く「スマートフォン」が54.6%と過半数を占めています。その他には「パソコン」21.1%、「タブレット」16.3%となっており、10-20代が様々な機器でテレビ番組を視聴していることがわかる結果となりました。

また、10-20代がテレビ番組の視聴に最もよく利用する機器は、53.6%が回答した「テレビ受像機」でした。次いで「スマートフォン」が34.7%となっています。全体では、「テレビ受像機」76.3%でした。

テレビ番組の視聴方法は、「リアルタイム放送」75.7%が最も多くなっています。年代別に見ると、50-60代は「リアルタイム放送」80.1%と「ビデオ録画」57.9%に集中していました。10-20代は「リアルタイムのテレビ放送」67.1%が最も多くなっていますが、他の年代に比べて「無料動画」44.4%、「見逃し配信サービス」37.2%、「有料動画配信サービス」37.0%も多くなっており、多様な方法で視聴していることが明らかになりました。

■「テレビ番組視聴意識調査2021」概要
調査エリア:全国
調査手法:インターネット調査
調査対象者:15~69歳の男女
サンプル数:1175サンプル
調査期間:2021年5月26日~6月2日

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事