Instagramは写真より動画重視へ・・・「ライバルはTikTokとYouTube」【Media Innovation Newsletter】7/6号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。MIのアプリができました。ぜひダウンロードしてMIの記事をお楽しみください。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

7月6日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

TVゲーム内でビデオ広告を表示するプラットフォームが登場 (Axios 英文)

モバイルゲームでは当たり前となっている動画広告ですが、新たな広告プラットフォーム playerWONが家庭用ゲーム機やPCゲームなどでの広告配信を可能にするようです。基本プレイ無料のゲームが人気を博す中、「90%以上は(ゲーム内課金で)お金を払うことはない」とのことで、新たなビジネスの形となるかもしれません。

ヤフーが1,785億円を支払い日本でのブランド使用の権利を取得 (Engadget)

ヤフーは、米Verizon Mediaの子会社との新たな契約により、日本での商標権を取得(これまではライセンス料を支払っていた)。ブランド使用、技術開発に自由度が増し、機動的な事業展開が可能となるとのことです。

民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安 (東洋経済オンライン)

中国サイバースペース管理局、DiDiにApp Storeからのアプリ削除を命令 違法な個人情報収集と (ITmedia)

TikTok社員と探る、スポーツマーケティング×TikTokの可能性 (MarkeZine)

中国、滴滴に続きネット規制当局の調査拡大-さらに米上場2社 (Bloomberg)

架空の発言で小泉進次郎氏を批判 AERA dot.が謝罪「記者の聞き間違いでした」 (J-CASTニュース)

ローカル局がWEBメディアを持ちはじめた (Yahoo!ニュース コラム)

新SNS「Gettr」に逃亡中の実業家 郭文貴氏の財団から経済的援助 (The Wall Street Journal 英文)

7月6日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

Instagram、「スーパーフォロー」ライクの独自機能を開発中・・・IGTV広告の収益分配テストも実施【会員限定】

Instagramのメイン機能の一つでもあるストーリーズに、有料フォロワー限定閲覧機能が追加されるようです。さらに、長編動画IGTVの収益分配テストもスタートし、動画機能へ注力が顕著になっています。責任者曰く、「TikTokやYouTubeがライバルである」とのこと。

加工済写真の広告、SNS投稿にラベル表示を義務付け・・・ノルウェーで法案可決【会員限定】

体や顔を加工し「美しく」した画像を広告で使用したり、インフルエンサーが投稿することで利益を得たりする場合には、ラベル表示を義務付ける、というマーケティング法改正案が可決されました。SNS利用時のメンタルヘルスの問題は世界的に懸念されています。

スタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」が海外スタートアップの情報提供を開始

Twitter、グーグルのターゲティング技術「FLoC」と連携か

ぐるなび、「つなぐワクチンプロジェクト」を開始・・・飲食店従業員への新型コロナワクチン接種を促進

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。

関連記事