「制裁金」に「Alexaの停滞」・・・アマゾンの悩みの種【Media Innovation Newsletter】8/3号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。人と直接会わない期間が長引いたことなどが原因で、アメリカ人の「親友」の数が減少しているそう。特に進学や就職など、新しい環境へ進むタイミングで新しい人間関係を構築しづらくなっていることは、もちろんアメリカ以外のどこでも起こっている問題でしょう。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

8月3日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

アマゾンに制裁金約970億円–EUのGDPR違反で (CNET Japan)

アマゾンが、顧客情報の取り扱いに関して個人情報保護を規定したEU一般データ保護規則に違反したとして、制裁金7億4600万ユーロ(約970億円)が科されました。アマゾン側は、データ流出の事実は無く、制裁金についても不当だと主張しており、異議を唱える姿勢のようです。

アマゾンはデベロッパー向けツールと機能のリリースでAlexaの復活を狙う (TechCrunch)

在宅時間の増加に伴い、スマートスピーカーの利用も増加しているそうですが、Alexaを提供するアマゾンは音声スキル数が減少し、勢いが落ちていることに頭を悩ませているようです。音楽再生やアラームなどの基本的な機能ばかりが使われているそうですが、競合製品との差別化となる音声スキルを生み出すことはできるでしょうか。

フェイスブック、「話題に合わせて最新情報をググる」AIチャットボットをOSSで公開 (ビジネス+IT)

ピッツバーグのグーグル請負社員65名が労組結成で請負会社と合意 (TechCrunch)

Square、143%増収 Cash Appのビットコイン収益は200%増 (ITmedia)

マンガを独自技術でローカライズし短時間で世界中の読者に配信するシンガポールのINKR (TechCrunch)

Google、Cookie終焉までの「責任ある」タイムラインを公開 : 要点まとめ (DIGIDAY)

8月3日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

IAB Tech Labが新イニシアチブを立ち上げ・・・共通ID「Unified ID 2.0」など広告業界のオープンソースプロジェクトを一括管理【会員限定】

IABは、広告業界のオープンソースプロジェクトをまとめて管理することを目的とした「オープンソースイニシアチブ」をGitHubに設立。先日クッキー代替ソリューションとしてMIで何度も取り上げているUnified ID 2.0も含まれています。

LinkedIn、有料会員向けにニュース機能を強化・・・提携メディアの有料記事へのアクセス権を提供【会員限定】

ビジネス特化SNSのLinkedInは、有料会員向けサービス拡充の一貫としてニュースのキュレーションサービス、有料記事へのアクセス権付与を開始。徐々にパートナーパブリッシャーを増やしていくと伝えられています。バンドリングの一種ともいえるこの戦略は、サブスクリプション型のメディアが増えている現状において有料会員の増加に繋げる有効策となるでしょうか。

iOS 14.5 オプトイン戦略:コンテクストのあるプリ パーミッション プロンプトでユーザーの信頼を得る【寄稿】

前NewsPicks編集長の経済コンテンツサービス「PIVOT」が3億円の資金調達を実施…プロダクト・コンテンツ開発に着手

アドフレックス・コミュニケーションズ、リスティング広告自動最適化AIプラットフォーム Optmyzrと日本独占パートナー契約を締結

noteと新潟県が協定を締結…自治体によるわかりやすい、信頼性のある情報発信を目指す

映画.comからシームレスにU-NEXTポイントで映画チケットを購入可能に…U-NEXTと映画.comが提携

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,398フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事