ニュースメディアに求められる、SNSでの責任【Media Innovation Newsletter】9/11号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。フェイスブックがレイバンと共同開発したスマートグラスを発売しました。今のところ、写真・動画撮影や通話など、基本的な機能しか備えていませんが、将来的にはAR機能などの搭載を目指しているようです。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

9月11日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

1日でスマホを見ている時間は平均3時間46分。コロナ前後の消費行動はどう変わったか (Business Insider)

2019年時点では、モバイル機器の利用時間の伸びは鈍化すると予想されていたものの、実際にはコロナ禍で大きく増加。メディアの消費時間に占めるモバイルの割合は、今年中に33.2%、2023年には35%にまで伸びると予想されています。新しくスマホやタブレットを利用し始めた人より、既存ユーザーの利用時間増加が要因であるとも述べられています。

フェイスブックがデジタルウォレット「Novi」を準備中 (Axios 英文)

ショッピングプラットフォームとしての成長、さらにはメタバースの構築を目指すフェイスブックが、元PayPal幹部を中心に、ブロックチェーン技術を用いたデジタルウォレットを準備中と報じられています。ただし、米規制当局の承認を得られるかを懸念点として挙げており、すぐに発表とはいかないようです。

平井デジタル相、伊藤氏選出理由は「知識、国際経験」 構想会議 (毎日新聞)

ネットフリックスが六本木にアニメ制作の支援拠点を開設…「YOUやっちゃいなよ」でGO出た (Business Insider)

英政府、フェイスブックの暗号化を突破した企業に報奨金 (Forbes Japan)

中国政府がゲーム会社を呼び出し、「女々しい作品」を禁止 (Forbes Japan)

セクハラ問題に関与したと言及されていたワシントンポスト東京支局長が辞任 (Washingtonian 英文)

タテ?ヨコ?スマホで変わるマンガ表現 (Yahoo!ニュース オリジナル特集)

2021年以降にSEOに集中すべき3つの理由 (Digital Information World 英文)

Google トレンドを活用するための 15 のヒント (Google Japan Blog)

9月11日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

【メディア企業徹底考察 #22】米国事業好調で黒字化、”メルカリ経済圏”拡大の未来予想図【会員限定】

メルカリは、米国市場での展開に苦戦していましたが、パンデミックが思わぬ追い風となり黒字化。新規事業への投資を加速させています。今年に入って発表した2つの新サービスで、独自の経済圏の拡大を目指しています。

FB掲載記事への誹謗中傷コメントはメディアの責任・・・オーストラリア高等裁判所の判決【会員限定】

オーストラリアで数年前から争われていた訴訟に進展がありました。Facebookに掲載したニュース記事に寄せられた誹謗中傷コメントについて、その記事を掲載したメディアに責任があるという判決が出たとのこと。メディア企業は、ソーシャルメディアにおける運営方法は一つの大きな課題となっています。

バズフィード、2021年度第2四半期の業績を発表・・・広告やEコマース系の収益が好調【会員限定】

ヤフー、個人データ取り扱いの説明ページをリニューアル・・・わかりやすく「目を通したくなる」ページへ

AnyMind Group、国内法人のデジタル化推進に向けプラリタウンとの業務提携に合意・・・企業のEC展開を支援

ABEMA、「マイナビティーンズラボ」と連携・・・若年層ターゲットの広告制作で女子高校生の声を反映する取り組み

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,389フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事