オリンピック関連コンテンツの需要で、NHK、TVer、Daily Sportsの利用が大幅に増加・・・ニールセンデジタルコンテンツ視聴率調査

ニールセン デジタル株式会社が、ニールセンデジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)のMonthly Totalレポートをもとに、トータルデジタル視聴者数の増加率上位メディアの視聴状況を発表しました。

NHK、TVer、Daily SportsのGRPが昨年と比べて40%増加

2021年7~8月のMonthly Totalレポートによると、昨年と比べてPCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルの視聴者数の増加率が高かったメディアを見たところ、オリンピック関連コンテンツを扱っていたNHKやTVer、Daily Sportsでリーチと平均利用回数が増加し、GRP(延べ視聴率)も40%以上増加していたことがわかりました。

18~34歳のTVerの利用回数が昨年と比べて52%増加

次に、増加率の高かったNHKやTVer、Daily Sportsの平均利用回数を年代別で見たところ、どのサービスも18~34歳の利用回数が昨年と比べて最も増加率が高い結果に。特にTVerでは、18~34歳の利用回数が昨年と比べて52%増加して21.4回となり、他の年代と比べて最も多くなっていました。

また、増加率の高かった3メディアを合計したターゲットGRP(TARP)を年代別に見ると、18~34歳では昨年と比べて最も増加率が大きく665%となり、他の年代と同等にリーチできるようになっていました。

最新のデータを基に最適なメディアを選定する

オリンピックは幅広い年代の関心を集め、特にオリンピック関連コンテンツを扱った3メディアでは視聴者数が大幅に増加。特に若年層の利用回数が大きく増加し、合計のGRPは倍増しています。

ニールセンは、「これまではあまり若年層へリーチする上で検討していなかったメディアでも、コロナによる影響など様々な要因で利用状況が大きく変化することも考えられる」と指摘。日々変化するデジタルメディアで消費者とコミュニケーションをとっていく上では、いつも同じメディアを活用するのではなく、自社の目的にあった最適なメディアを最新のデータを基に選定していくことが重要だと分析しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,433フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger