「日本スタートアップ大賞2022」経済産業大臣賞、スマートニュースが受賞

スマートニュース株式会社は、経済産業省主催「日本スタートアップ大賞2022」にて、経済産業大臣賞(グローバル賞)を受賞しました。

「日本スタートアップ大賞」は、積極的な挑戦の重要性や起業家への評価を浸透させ、社会全体のチャレンジ精神の高揚を図ることを目的にした賞です。次世代を担う若者や起業家のロールモデルとなるような、社会的インパクトのある新事業を創出したスタートアップを表彰しています。

スマートニュースは、今回新設された経済産業大臣賞(グローバル賞)に選出。ニュースアプリ「SmartNews」を通じて、「情報の偏り」「社会の分断」というグローバルな社会課題の解決に挑戦していることや、国内でアプリの提供を2012年12月に開始後、米国で2014年10月にアプリを展開するなど、グローバルで大きく成長していることが評価されました。

表彰式は、総理大臣官邸で6月2日に開催。ニュースアプリ「SmartNews(米国版)」を岸田総理に体験してもらいました。岸田総理は「私は、スタートアップこそが社会の課題を成長のエンジンに転換し、持続可能な経済社会を実現する新しい資本主義の考え方を体現するものだと考えています」と挨拶しました。

岸田総理コメント出典:首相官邸ホームページ
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202206/02startup.html

同社は、アプリの提供を2012年12月に開始後、日本最大のニュースアプリに成長しました。米国でも月間利用者数が2020年に2倍以上になるなど急成長しています。2021年9月には、251億円の資金調達を実施。米国での成長を一層加速しています。米国事業を引き続き強力に推し進め、将来は10億人以上が利用するグローバルプロダクトに成長することを目指しています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger