Gunosy、新設したCIOに現取締役CFOの間庭裕喜氏が就任 投資事業の加速を目指す

株式会社Gunosyは新たに新設した最高投資責任者(CIO)に、現取締役で最高財務責任者(CFO)である間庭裕喜氏が就任することを発表しました。

CIOは、3つの中心事業の一つである投資事業の成長加速を目的に新設。経営の財務運営における「守り」の領域を司るCFOと、新たにCIOを新設することで「攻め」の領域となる投資の役割を分離し、より攻守ともに大胆な意思決定を行う体制を整えます。

今回のCIO新設は、7月15日開催の取締役会で決議しました。また、新たなCFOに執行役員の岩瀬辰幸氏が就任することも決議。2022年8月26日の定時株主総会と、その後の取締役会を経て正式に決定される予定です。

CIOに就任した間庭氏はゴールドマン・サックス出身としてオルタナティブ投資の実績を背景に、投資からCFO、COOなど、経営に直接関わるなど幅広いキャリアを持つ人物です。

直近では、株式会社GunosyCapital 代表取締役就任、インドのデジタルクレジットカードサービス「slice」を提供するGaragePreneursへの投資実行、同社の取締役に選任されるなど、数々の投資案件で事業のグロースに貢献しています。

取締役 最高投資責任者(CIO)間庭 裕喜氏

CFOの岩瀬氏は公認会計士の資格を有し、法定開示含む財務会計、管理会計、監査法人対応、財務、適時開示・IRのリードのほか、執行役員としてコーポレート部門を統括。横断的な全社課題対応、経営視点での意思決定に参画してきました。今後、投資事業の加速とともにガバナンス体制の安定も図ります。

執行役員 最高財務責任者(CFO)岩瀬 辰幸氏
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

中国のプロパガンダを拡散する72の偽ニュースサイトによる情報操作【Media Innovation Newsletter】8/8号

中国が自国の主張を正当化するため、積極的な工作活動を行っているのは知られていますが、サイバーセキュリティ会社、Mandiantの研究者は11ヵ国語で展開される72もの偽ニュースサイトや無数のソーシャルメディアアカウントを使った大規模な工作について報告しました。

ユーザーベースの2Q業績、売上拡大も積極的な販促で減益

株式会社ユーザベースが4日に発表した2022年1...

クロスロケーションズが過去最大の3.8億円資金調達 インフラデータの発展に寄与

独自開発した位置情報ビッグデータ解析エンジン「L...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事