【メディア企業徹底考察 #67】IPOで話題性の高いエアークローゼットが赤字体質である理由とは?

月額性ファッションレンタルサービス「air Closet」を運営する株式会社エアークローゼットが、2022年6月24日に上場承認を受け、7月29日にグロース市場に上場する予定です。

エアークローゼットは月額9,800円で洋服が借り放題というサービス。2015年2月に事業を開始しました。サブスクリプション型の洋服レンタルサービスの嚆矢となった会社です。競合には株式会社ストライプインターナショナルが2015年9月にスタートした「MECHAKARI」があります。

この記事では、エアークローゼットの事業構造と成長性について解説します。

純利益は出ない状態が続く

2021年6月期の売上高は前期比32.9%増の28億8,700万円、経常利益は2,900万円(前年同期は4億1,900万円の経常損失)となりました。2017年6月期から初の経常黒字化を果たしています。

2022年6月期の売上高は前期比16.1%増の33億5,200万円、6,500万円の経常損失を予想しています。一転して赤字となる見込みです。

純利益は2017年6月から一度も出ていません。

■エアークローゼット業績推移(単位:百万円)

エアークローゼットが利益を出しづらい理由は2つあります。1つは配送やクリーニング、倉庫管理などのオペレーションコストが高く、原価が重いこと。もう1つは在庫として管理する洋服の減損損失を避けるのが難しいことです。

原価の65%が倉庫関連費

会員数は2022年3月末時点で32,297人。無料会員が70万人登録されています。課金対象の会員数は基本的に増加傾向にあります。

サブスクリプション型洋服レンタルサービスと聞くと単純なサービスのようにも思えますが、複雑な構造をしています。特に配送、クリーニング、在庫管理がこのビジネスの肝です。

エアークローゼットはサービスを開始したばかりの2015年4月に寺田倉庫株式会社と資本業務提携契約を締結しました。寺田倉庫は上場前のエアークローゼット株の10.92%を保有する主要株主であり、今回の上場で株式の売出は行いません。社外取締役には寺田倉庫の執行役員である月森正憲氏が就任しており、エアークローゼットがいかに物流を重視しているかがわかります。

原価明細を見ると、2021年6月期の倉庫検品料は9億2,700万円。原価全体の64.8%を占めています。対売上高で見ると32.1%を倉庫関連費用が占めているのです。

[MMS_Paywall]

エアークローゼットは物流の効率化に向けて改善活動を続けていますが、長期的な取り組みと見て間違いないでしょう。すぐに効率化を図れる領域ではありません。

実は経常利益が出た2021年6月期に、原価率は69.8%から49.6%へと急改善しています。エアークローゼットは別の経費を大幅に減らしたのです。

20%もの改善に寄与したのは、洋服の仕入高の削減。2021年6月期は一人当たりの仕入高が急減しているのがわかります。

これがエアークローゼットが利益を出しづらい理由の1つ目です。物流関連費が嵩んでしまうため、別の経費を削減するしかありません。考えられるのは洋服の仕入高と広告宣伝費でしょう。販管費率も50%程度と高い傾向にあり、広告宣伝費が多くを占めていると考えられます。

広告宣伝費を抑制して会員数を鈍化させるか、仕入高を減らして顧客満足度を下げるか。2021年6月期の仕入高の抑制は試験的な取り組みという側面が強かったのかもしれません。顧客満足度がやや下がり、2022年6月期に再び経常赤字に転落していることがそれを物語っているように見えます。

ベンチャー企業の場合は特に、会員数と顧客満足度に直結する費用は抑えたくありません。しかし、エアークローゼットは事業構造上、その選択をせざるを得ない可能性が高いと言えます。

減損損失で純利益が出ないのも頭の痛い問題

利益が出づらいもう1つの要因が洋服の減損損失。エアークローゼットは2021年6月期に3億7,100万円の減損損失を計上しています。毎期、損失額が膨らんでいるのがわかります。

新規上場申請のための有価証券報告書より

これが2021年6月期に経常利益を出しているものの、純損失に陥っている主要因です。

減損損失とは、レンタル用として買い入れた商品(洋服)が、当初見込んでいた収益性がないと判断された場合に発生するもの。投資回収可能額が帳簿価格を下回ったとき、その額を損失として計上するのです。

エアークローゼットがターゲットとする20~30代の女性向けファッションは、流行や変化を先取りするのが難しく、不良在庫を積み上げることにもなりかねません。

また、会員数が増加の一途を辿っているうちは良いですが、横ばいあるいは減少に転じると、仕入れた洋服の回転率が落ちて多額の減損損失を計上することになります。

エアークローゼットはユーザーの無料診断に基づき、スタイリストが洋服をセレクト。そのアドバイスを参考にして服を借りるという特徴があります。洋服の回転率が落ちることへの対策は打っていますが、女性の趣味嗜好をとらえるという極めて難易度の高いビジネスにチャレンジしていることは間違いありません。

洋服レンタルのプラットフォーマーになれるか?

ただし、これらの要素は参入障壁が高いことの裏返しであり、レッドオーシャンになりづらい領域であることも事実。エアークローゼットは中長期目線でオペレーションの改善を重ねています。

物流面においては、配送やクリーニング、在庫管理などのオペレーションを機能単位で外販可能な設計にしているといいます。例えば、男性用ファッションや子供服の分野はサブスクリプション型サービスはあるものの、規模の大きなサービスには育っていません。参入を希望する事業者に向けて、オペレーション機能を貸し出すことが将来的には可能です。

今回の上場でエアークローゼットが調達する資金はおよそ6億7,100万円。調達資金はマーケティング、洋服の購入、人件費に充当する計画です。

どのようにして利益を出す体制にするのか。上場後のかじ取りに注目が集まる企

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事