オールアバウト、新機能「PrimeAd BMP」で広告代理店と提携メディアのビジネスマッチングを支援

株式会社オールアバウトは、コンテンツマーケティングプラットフォーム「PrimeAd(プライムアド)」にて、2020年7月からβ版として提供している、広告代理店と提携メディアのビジネスマッチングを支援する新機能「PrimeAd BMP」の本格提供を開始しました。

「PrimeAd BMP」は、広告代理店と提携メディアのビジネスマッチング機能です。β版の提供開始から、大手広告代理店を中心に導入が進捗していることに加え、さまざまなジャンルの提携メディアサイドが参画しています。さらに、継続利用意向が約9割に達するなど、サービスへの満足度も非常に高くなっています。

こうしたニーズを把握しながら、サービス内容の磨き込みを実施。正式版として、本格的に提供を開始しました。

「PrimeAd BMP」の概要

「PrimeAd BMP」を活用することで、広告代理店はオールアバウトが提携する約200の優良メディアに即座に問い合わせすることが可能です。メディアへの問い合わせは、媒体資料に記載された既存メニューに加え、広告主の課題に即して自由に相談できます。また、テキスト・動画など、フォーマットを限定せず幅広くコンテンツ制作協力を依頼できます。

提示される媒体メニューは、価格や内容をメディアが相談内容に応じて調整。広告主の課題解消に必要なプランを厳選し、提供できます。

「PrimeAd」その他関連機能

コンテンツマーケティングでは、どれだけコンテンツが見られたか(PV/UU)を測るだけでなく、ブランドへの理解促進度合や興味・好意の形成度合からコンテンツを評価。発見した課題に対し、新たな施策を講じるPDCAを回して効果を最適化します。

レポーティング機能「PrimeAd Report」を活用すれば、ターゲットの商品・ブランドへの理解の深度や、信頼・好意形成度への寄与について、誘導元からの広告のクリック率、広告の読了率と滞在時間、広告からクライアントサイトやLPへの送客率などからコンテンツを分析して評価します。

「PrimeAd」が提携するプレミアムメディア限定の広告配信ネットワーク「PrimeAd Boost」は、メディアタイアップに特化。提携メディアの記事下インフィード枠へ配信するコンテキストマッチのネイティブ広告で、配信面は全て管理画面で開示しています。広告配信を独自の機械学習で最適化し、ターゲットの興味関心軸にマッチする広告枠へ配信します。

タイアップページにおいて誘導枠ごとにPV、読了率、滞在時間、送客数を把握でき、誘導からタイアップページ、その先の送客まで一気通貫で効果を可視化することが可能です。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事