「Quartz Japan」が2022年9月30日にサービス終了

Quartzのニュースレター「Quartz Japan」は、サービスを2022年9月30日に終了することを発表しました。

「Quartz Japan」は、世界が注目しているグローバルニュースをリアルタイムで届ける日本語ニュースレターサービスです。2019年11月にサービスを開始し、ニュースレターやポッドキャスト、その他のコンテンツを配信していましたが、米国本社のグローバル戦略に伴い、2022年9月30日にサービスを終了します。

Quartz Japanの会員限定ニュースレターは、2022年9月30日まで継続して配信。10月1日以降は、年額契約での購読ユーザーはQuartz(英語版)の会員限定ニュースレターの配信、または日割り計算による返金のどちらかを選択できます。

2022年11月21日までにいずれかを選択しない場合は、残りの購読期間中、Quartz英語版ニュースレターの受信を希望したものと判断されます。

年額会員は、英語版での契約継続もしくは返金の希望を指定のフォームから記入。月額会員の自動更新は8月24日以降行われないため、手続きの必要はありません。

また、9月30日までは日本語でのサポートを実施。今後のコンテンツ閲覧を含む詳しい情報は、週明けにqz.comにも掲載予定です。公開後はニュースレター、各種SNSでも発表します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,470フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事