サイカが8億円を追加調達 30億円の流動化の仕組みも設定し、安定的に広告代理サービスを提供

広告主企業を支援するデータサイエンスカンパニーの株式会社サイカは、DNX VenturesとSBIインベストメント株式会社を引き受け先に8億円を追加調達し、総額45億円のシリーズEラウンドをクローズしました。

8億円は、2022年2月にTHE FUNDをリード投資家とする37億円の資金調達を発表したシリーズEラウンドのセカンドクローズとして、追加的に実施した調達です。これによってシリーズEラウンドの調達総額は45億円となり、累計調達額は67億円になりました。

DNX VenturesとSBIインベストメントが出資した追加資金である8億円は、今後集中的に社内の人・組織・文化へ投資し、ユーザーへの提供価値の拡大に活用していきます。

また、同社が提供するソリューション「ADVA(アドバ)」の広告代理サービスの運転資金調達を目的に、SPC活用した30億円の流動化の仕組みを貸付人の株式会社みずほ銀行、アレンジャーのみずほ証券株式会社とともに設定しました。

同社の広告代理サービスの取扱額は、ADVAの利用ユーザーが増加し、拡大しています。今回、流動化の仕組みの設定により、従来以上に安定的なサービス運営体制を構築します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,473フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事