新感覚ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』を発表、Discordなどのソーシャルメディアコミュニティをオープン

株式会社Thirdvers のブロックチェーンゲーム関連事業を管轄する子会社のゲームスタジオである、SWORD PTE. LTD.と、KLab株式会社のWeb3 関連事業を管轄する子会社の株式会社BLOCKSMITH&Co.は、サッカー漫画『キャプテン翼』のIPを活用した新感覚ブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』を2022年内にローンチすることを発表した。

『キャプテン翼 -RIVALS-』は、原作『キャプテン翼』に実際に登場する選手たちを育成し、他のプレイヤーと対戦(PvP)する新感覚ブロックチェーンゲーム。他プレイヤーとの対戦を通して得られるライバルピースを、選手やサポートキャラクターなどのNFTを含む報酬と交換することができるとのこと。

『キャプテン翼 -RIVALS-』においてライバルピースを奪い合う対戦に勝利するためには、選手の必殺技やスキル、属性や相性といった様々なパラメータを考慮したゲーム戦略を立てることに加え、あなただけの「ジェネラティブNFT」、すなわち選手をどう育成するかが重要要素とのこと。

ジェネラティブNFTの事例

また、ジェネラティブNFTと同様に、プログラムによる組み合わせで自動生成されるゲーム内音楽「ジェネラティブBGM」が用意されているなど、さまざまな取り組みがされているようだ。

 『キャプテン翼』原作者の高橋陽一先生からは、下記のようなコメントが発表されている。

今回、ブロックチェーンやNFTという新しい技術を使ったゲームを出してもらえることになりました。どんな風に遊べるのか、僕自身もまだわからない部分も多いのですが、その分期待も大きいです。今までのゲームとはまた違った形で皆さんに楽しんでもらえたらと思います。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

浜崎 正己
浜崎 正己
メディアの立ち上げと運用を支援する(株)メディアインキュベート の代表。1988年千葉県生まれ。Twitter : https://twitter.com/masaki_hamasaki

関連記事