【メディア企業徹底考察 #81】メディア「漫画大陸」を買収額の1/20で譲渡、デジタルプラスの今後

メディアやフィンテック事業を展開する株式会社デジタルプラス(旧リアルワールド)が、2022年9月に運営していたメディア「漫画大陸」、「脱毛ドコイコ」を株式会社プルチーノに1,000万円で譲渡しました。

デジタルプラスは2020年11月にプルチーノから「漫画大陸」を2億2,000万円で取得。これをきっかけとしてメディア事業を飛躍させるとしていました。それからわずか2年。買収額の1/20かつ別メディアをおまけにつけ、買い取った会社に譲渡したことになります。

デジタルプラスは同じタイミングで、モバイル通信の総合目メディア「すーちゃんモバイル比較」を2,000万円でアルファインターナショナル株式会社に売却しています。

フィンテック事業へ選択と集中を進めるデジタルプラスですが、メディアの売却によって業績が一時的に急悪化する可能性があります。

会社の成長を担ったGendamaを売却

デジタルプラスは2022年9月期の売上高を前期比2倍となる6億2,000万円、営業利益を3億円(前年同期は1億3,300万円の営業損失)を予想しています。同社は2018年9月期に43億2,100万円の売上高がありましたが、1/4ほどにまで縮小しています。

■デジタルプラスの業績推移

決算短信より筆者作成

デジタルプラスは2005年7月に設立されたリアルワールドが前身。ポイントを貯めるメディア「Gendama」をリリースしました。2011年4月に株式会社サイバーエージェントからポイントメディア「ライフマイル」(Gendamaに吸収合併)を譲受しています。

その後も次々とM&Aを繰り返して新規事業への参入、選択と集中のための売却を繰り返してきました。

一番の転機となったのが、2020年10月の「Gendama」を運営する株式会社リアルXの売却。リアルXは2020年6月末時点で1億4,700万円の債務超過に陥っており、財務体質の改善を図るための譲渡でした。

デジタルプラスは2019年11月に新規事業としてマーケティングプラットフォーム「AI Marketing」をリリースしており、経営資源を集中する計画でした。

「Gendama」は赤字事業だったものの、10億円程度の売上がありました。この売却により、デジタルプラスの売上は急速に縮小します。

売却後、新たに参入したのがWebメディア事業でした。

買収した「漫画大陸」は月間約600万PV、月間240万ユーザーのメディア。2億2,000万円で買収していますが、買収当時(2020年10月期)の「漫画大陸」の売上高は1億1,500万円、営業利益は1億300万円。個人が固定費をかけずに運営していたものと考えられますが、営業利益率89.6%という極めて収益性の高いメディアでした。

[MMS_Paywall]

この買収を機に、デジタルプラスはGAFA戦略を打ち出します。インターネット分野の成長をけん引するGAFAのトラフィックを活用し、高利益体質のメディアを買収。事業拡大を目指すとしたのです。

メディア事業撤退の背景はGoogleのアルゴリズム更新?

2020年11月には月間70万PV、50万ユーザーの「すーちゃんモバイル比較」をNico Inc.から1億8,000万円で取得。2019年12月期の売上高は1億1,500万円、営業利益は1億700万円で営業利益率は93.0%。

更に2022年2月「脱毛ドコイコ」をWebマーケティングのアドバンス株式会社から1,700万円で取得。このメディアは月1万ユーザーが訪問するサイトでした。2021年5月期の売上高は1,600万円、営業利益は1,500万円。営業利益率93.8%。

買収した3つのメディアは、どれも営業利益率が9割前後という驚異的な収益性を誇っていました。

■各メディアの詳細

※デジタルプラスの開示情報より筆者作成

GAFAメディア事業は2021年9月期の売上高は2億2,400万円、セグメント利益は1億600万円でした。セグメント利益率は47.3%。2022年9月期第3四半期の売上高は前年同期間比141.4%増の3億3,900万円、セグメント利益は同358.9%増の2億円でした。セグメント利益率は59.0%という収益性の高い事業に成長しています。

しかし、デジタルプラスはメディア事業から撤退します。一連の売却において、「事業の特性上、マクロ環境を含む外部環境の影響が事業の KPI に直接的に与える影響が大きく、事業運営のコントロールが容易でない局面が発生し、今後も外部環境の影響を受ける可能性が極めて高いと考えております」と発表しています。

直接的な表現は避けていますが、Googleのアルゴリズム更新による順位変動に成果が大きく左右されることをリスクととらえ、早期撤退を決めたものと予想できます。

メディア運営のノウハウに欠けてることが、背景の一つにあるのでしょう。

今後のデジタルプラスの成長を担うフィンテック事業は、2021年9月期の売上高が前期比125.9%増の7,800万円、セグメント利益が同1.4%減の1,800万円(利益率23.1%)でした。2022年3月期は第3四半期における売上高が前年同期間比162.8%増の1億2,300万円、セグメント利益は同1,100万円(利益率8.9%)でした。

売上高は伸びているものの、収益性が悪化しています。

この事業単体で会社を成長させることは難しいでしょう。新たなM&Aを仕掛ける可能性があ

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,448フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事