凸版印刷、DXで物流業務の課題解決を支援するソリューション「LOGINECT」の提供を開始

凸版印刷株式会社は、DXで物流業務の様々な課題解決を支援する物流DXソリューション「LOGINECT(ロジネクト)」の提供を開始し、物流業務の管理・分析業務を支援する「LOGINECTデータ可視化」を2023年2月より提供します。

「LOGINECT」は、倉庫DXの高度化と配送DXでのデータを収集、分析、活用することにより、物流現場や業界の変革を支援する物流DXソリューションです。「LOGINECTデータ可視化」は、その第一弾として展開。物流業務で発生する倉庫内在庫や出荷実績、輸送車の積載量などの様々なデータを集約し、可視化します。

「LOGINECTデータ可視化」

「LOGINECTデータ可視化」を利用することで、在庫や輸送の状況を可視化。物流業務の課題解決施策を、迅速に検討できます。また、国や業界団体が設定している50種類以上の管理項目を管理できるアプリケーションを搭載。データレイアウトやダッシュボードを標準化しているため初期導入コストを抑えられることに加え、自社の物流状況の分析開始までにかかるスピードを短縮します。

同社は消費財メーカーを中心に、様々な企業へ「LOGINECTデータ可視化」を提供。2024年までに30社への導入を目指します。今後、物流DXソリューション「LOGINECT」にてRFIDを活用したタグなどのIoTソリューションや、グループ会社であるアイオイ・システムが提供する倉庫内のデジタルピッキングシステムなどとも連携。庫内従事者の稼働状況やモノのトレーサビリティの可視化、AIを活用した機械学習による物流業務の自動分析などのラインナップを拡充していきます。

「LOGINECTデータ可視化」の特長

管理者ダッシュボード画面イメージ

「LOGINECTデータ可視化」は、分析用データ整備の自動化と一元管理をすることができます。分析を実施するためのデータ収集、変換、蓄積といった煩雑で時間のかかる工程を自動化することで、ユーザーはデータ探索や分析に集中できます。標準フォーマット化したデータは、クラウド上で一元管理が可能。組織間や担当者間でデータを共有し、議論も容易です。

また、豊富な物流KPIと分かりやすいUIにより、分析作業の効率化を支援。コスト・生産性を中心とした豊富な物流KPIで、物流業務の全体像と、出荷、在庫、配送など各業務の運用状況の計測が可能で、各KPIは内容ごとに分かりやすいビジュアルを用いて可視化しています。

加えて「LOGINECTデータ可視化」は、標準で物流業務の多様な管理項目を搭載。汎用サービスとして提供するため、導入も容易です。国や業界団体が設定している50種類以上の物流業務の管理項目に基づき、データやダッシュボードのレイアウトを標準化。個別開発を必要としないため、初期導入費用やシステム改修などは必要ありません。

価格

・ミニマムプラン(1年限定プラン)
月額75,000円
ユーザー数2、拠点数1
自由分析不可

・スタンダードプラン
月額150,000円
ユーザー数5、複数拠点可
自由分析不可

・プロフェッショナルプラン
月額300,000円
ユーザー数5、複数拠点可
自由分析可

その他、導入支援など対応内容により、別途費用が発生する場合があります。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事