freeeが書店経営 経営状態をクリアに伝えるテック系本屋「透明書店」をオープン

freee株式会社は、子会社として新たに「透明書店株式会社」を設立し、書店経営を開始します。

書店「透明書店」は、店名の通りすべてを「透明」にしていく本屋です。東京都台東区・蔵前に、2023年4月下旬を目途に出店を予定。月々の売上など経営状況から、「従業員を増やした」「備品のための経費が足りない」「棚の向きを変えた」といった日々の施策や出来事までクリアに伝えていきます。

同社はこれまで出版レーベル「freee出版」を通じて、スモールビジネスに携わる人たちが自由に自然体で経営できるような役立つ情報や知見を出版を通じて発信してきましたが、今後はより多様な手段でスモールビジネスの魅力と可能性を発信していきます。

書店の経営はすべて透明書店株式会社が担い、子会社を通じてfreeeが自らスモールビジネスを経営していきます。同社自らがスモールビジネスの経営し、freeeの社員が実際にバックオフィス業務を経験することにより、スモールビジネスの実情とそれに取り組むユーザーを理解します。同時に、自社サービスへそこで得た体験を反映します。

また、「透明書店」はテクノロジーの実験場とし、すでに提供しているfreeeのサービスの活用に加え、未発表のfreeeサービスやChatGPTなどのAI技術も活用。書店運営にどのような変化を生み出すことができるのか、その過程も発信していきます。

透明な情報は今後、freee公式noteで発信。ひとつめの記事として、「会計ソフトの会社「freee」が、東京・蔵前で小さな本屋をはじめます。」を公開しています。

「透明書店」概要

店名:透明書店
出店予定地:東京都台東区寿3-13-14
オープン予定:2023年4月下旬
運営会社:透明書店株式会社

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,470フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

オプト、広告クリエイティブの制作にChatGPTと効果予測AIを活用 広告業界初

株式会社オプトは、広告業界初の取り組みとなる、O...

2月TVCM放送回数ランキング 体調不良を予防する商品のCMが増加

SMN株式会社のグループ会社である株式会社ゼータ...

黒人テックコミュニティを支援するメディア「The Plug」が活動終了、新たな道へ

米国で黒人のテックコミュニティの支援を行ってきた...

関連記事