米国のワシントン・ポストは、広告主がワシントン・ポストの広告在庫をオンラインでリアルタイムに購入できる「Zeus Prime」を開発し、導入すると発表しました。今後、同社以外のプレミアムメディアの広告枠にも対称を広げていくとのことです。ZeusはArc Publishingの一部として開発されていますが、どのCMSを利用しているパブリッシャーでも利用できるとのこと。

これはグーグルやフェイスブックが提供している広告ツールと同様に、広告主が直接オンラインでワシントン・ポストの広告在庫にアクセスし、ターゲットの選択、指定量の在庫の買い付け、クリエイティブの入稿、パフォーマンスの確認などをできる仕組みです。同社はプログラマティックとプレミアムインベントリの双方の良さを取り入れたものだと述べています。

Screen Shot 2019-09-11 at 2.37.16 PM.png
クリエイティブを選択して、購入フォームを入力するだけで、すぐにワシントン・ポストに広告を掲載することができる。また、詳細なレポーティングが提供される。

グーグルやフェイスブックのような大規模な広告ネットワークが効率的な一方、広告主にとってはどのような面に広告が出るのかコントロールできないという悩みもあり、特にブランド広告では従来のプレミアムメディアが見直されているという傾向にあります。

ワシントン・ポストでは2020年にかけて他社にも「Zeus Prime」の採用を呼びかけ、広告主がワシントン・ポスト以外の在庫も購入できるように広げていく方針です。