プログラマティック広告、米国のオンライン広告の85%を占める

米Interactive Advertising Bureauが、調査レポート「Brand Disruption2020 」を発表しました。

(出典:Interactive Advertising Bureau, “Brand Disruption 2020” February 2020.)

調査によると、プログラマティック広告は、デジタル広告支出全体の85%を占めていることが判明。

2020年のプログラマティック広告支出は約790億ドルと予測されており、2017年の約420億ドルより大幅に増加しています。さらに2021年は約910億ドルとも予測され、今後もこの成長は続くとみられています。

また、同レポートではアメリカにおけるメディア消費時間の調査結果も公開。2019年1Qと2018年1Qの比較では、全体として約21分メディア消費時間が延びていることが判明しました。

(出典:Interactive Advertising Bureau, “Brand Disruption 2020” February 2020.)
2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,428フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事