fbpx

個人の「応援広告」をサポート、CAMPFIREとGOが業務提携

株式会社CAMPFIREは、The Breakthrough Company GOと連携し、 個人が自由にに広告を活用できるサービス「AD FOR ALL」の提供を開始しました。

「AD FOR ALL」とは

「AD FOR ALL」 は、新聞やテレビ、ラジオ、屋外広告などの広告メディアを使って個人がメッセージや想いを発信できるサービスです。個人が予算を集めるためのクラウドファンディングから各媒体の枠取り、審査、提出までをワンストップでサポートします。

「AD FOR ALL」 を活用すれば、個人が様々な広告メディアで自由な想いの発信が可能となります。

代表コメント

CAMPFIRE 代表取締役CEO 家入 一真氏
クラウドファンディングは資金集めを民主化した仕組みだと私たちは考えます。
インターネットが普及し、誰しもが、例え小さくても声をあげられるようになりました。そして、私たちCAMPFIREはその小さな声に向き合い続けてきました。
今回、GOさんと一緒に行う『AD FOR ALL』は、そんな小さな声を、新聞やテレビ、ラジオ、屋外広告などの広告メディアへ届けるサポートをします。
例えば、好きなミュージシャンの応援をする。
例えば、知ってほしい社会活動をみんなで広める。
例えば、友人が開店したカフェの宣伝を仲間でする。
例えば、こんな社会を実現したいと声を上げる。
そうやってコミュニケーションと共に暖かいお金が流れる世界で、広告の民主化を実現できると思っています。

The Breakthrough Company GO 代表取締役 PR/CreativeDirector 三浦 崇宏氏
広告」は“広く告げる”ものではなく、“広く告る(コクる)”ものだと考えています。
愛情、応援の気持ち、熱狂的な好き・・・そんな思いがあれば、企業だけじゃなく、個人が自由に広告を発信できたっていい。
そんな思いで、CAMPFIREのみなさまと一緒に、そして、何かを愛する気持ちのあるファンと一緒に、この新しいサービスを作りました。
「広告の民主化」とは「広告がもっと面白いものになったらいいな」という希望でもあります。
大切な友人の門出を祝う、家族に感謝を伝える、アイドルをただただ推す、プロポーズ、使い方は思いの数だけあると思います。
ちょっと気をぬくと不安が顔を出しそうな時代ですが、この新サービスを通じて、広告で遊んでもらえたら嬉しいです。 #経済を止めるな

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

大人気のClubhouse、いま何が起きているのか?

新たなSNSが誕生し、今注目を集めています。まだ誕生から1年未満であるにも関わらず、すでに10億米ドルに値すると評価され、ベンチャーキャピタリストが投資に奔走しています。

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事