fbpx

ヤフー、広告サービス品質に関する透明性レポート初公開…2019年度は約2億3千万件の広告素材を非承認

ヤフー株式会社は、広告サービスの品質を向上するための審査実績をまとめた「広告サービス品質に関する透明性レポート」を初めて公開し、2019年度は約2億3千万件の広告素材を非承認にしたことを発表しました。

「広告サービス品質に関する透明性レポート」は、Yahoo! JAPANのサービス、広告を安心して広告主や広告会社、広告配信パートナーに利用してもらうことを目的に公開。広告配信面だけでなく、配信タイトルや画像など広告素材の審査について広く告知します。

2019年度に非承認にした約2億3千万件の広告素材は、広告単体の件数ではなく、Yahoo! JAPAN広告掲載基準や広告入稿規定、広告販売ルールに抵触した広告のタイトルや説明文、画像、リンク先のウェブサイト、キーワードなどの各非承認数を合計した件数となります。

これまで広告配信面(広告掲載メディア)も厳正に審査しており、アドフラウド(広告詐欺)への対策を2018年10月に強化し、約5,900件の広告配信を停止。2019年5月には、独自の「広告品質の3つの価値と6つの対策項目(広告品質のダイヤモンド)」を定義するなど、さまざまな取り組みを行っています。

審査によって最も多く非承認となった広告素材は、肌の露出が多い画像や胸・腹部など身体の一部を強調した画像などを含むものです。こうした広告素材は「ユーザーに不快感を与えるような表現」となり、非承認になります。

非承認の多い商品ジャンルを見ると、化粧品や健康食品、健康雑貨が最も多くなっています。2019年度に非承認となった数は約978万件で、その理由は「化粧品を塗るだけでシミがとれる」「健康食品を食べるだけで痩せる」など、医薬品のような効能効果を表現しているものです。「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」に違反しているこうした広告表現は、Yahoo! JAPANでも特に審査を強化しています。

また、この他に禁止しているものは、ユーザーの誤解を防ぐために「売上No.1」などの最上級表示のルール、広告の主体者の明示ルール(広告主が誰であるか)に抵触しているもの、広告のリンク先サイトの内容と関連のない表現でユーザーをリンク先サイトに誘導し、期待に反するようなものです。

さらに、ユーザーに誤解や不安感を与えるような不適切な広告が新型コロナウイルス感染拡大によって増加。2020年1月31日から6月30日までに広告掲載基準に則って、約57,000件の広告素材を非承認としています。

Yahoo! JAPANは今後、広告サービス品質に関する透明性レポートを定期的に公開していきます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

関連記事