fbpx

弁護士ドットコムの2Q、メディアは検索影響で苦戦…クラウドサインへの投資続く

会員限定記事

フェイスブックがMessengerとInstagramのチャット機能を統合…ユーザー利便性よりも訴訟逃れの戦術?

フェイスブック社は、Facebook MessengerとInstagramのダイレクトメッセージングサービスを1つのシステムに統合することを発表しました。統合により、両プラットフォーム間でのメッセージの共有が可能になります。

バズフィードのハフポスト買収、その背景と狙いは?【Media Innovation Newsletter】11/22号

毎週末発行、メディア業界の一週間を振り返る「Me...
アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

M-弁護士ドットコムが26日に発表した2021年3月期 第2四半期の業績(2020年4月1日~2020年9月30日)は、売上高24億3500万円(前年同期比26.2%)、営業利益1億800万円(▲58.2%)、経常利益1億900万円(▲58.0%)、純利益6700万円(▲57.9%)となりました(決算短信)。

Googleの検索アルゴリズム変更による表示順位の下落等の影響により、2020年9月における月間サイト訪問者数は1,023万人(前年同月比33.3%減)、「弁護士ドットコム」の有料会員サービスの有料会員数が165,186人(前年同月比14.1%減)となったものの、当第2四半期会計期間末時点の会員登録弁護士数が20,551人(前年同月比14.5%増)、そのうち、弁護士マーケティング支援サービスの有料会員登録弁護士数が5,213人(前年同月比10.7%増)となりました。

今期の通期業績予想は、売上高52億円(前年同期比25.8%)、利益は開示を控えています。

※本記事は決算AIによって生成されました

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,119フォロワーフォロー

最新ニュース

フェイスブックがMessengerとInstagramのチャット機能を統合…ユーザー利便性よりも訴訟逃れの戦術?

フェイスブック社は、Facebook MessengerとInstagramのダイレクトメッセージングサービスを1つのシステムに統合することを発表しました。統合により、両プラットフォーム間でのメッセージの共有が可能になります。

バズフィードのハフポスト買収、その背景と狙いは?【Media Innovation Newsletter】11/22号

毎週末発行、メディア業界の一週間を振り返る「Me...

お知らせ

メディア業界求人

編集【総合自動車ニュースメディア】※アルバイト

仕事内容 総合自動車ニュースメディア「レスポ...

Web広告営業(プロデューサー候補)

仕事内容 まずは当社が運営する各メディアのビ...