Voicyで放送中の日経新聞音声ニュース「ながら日経」がフォロワー10万人突破

日本経済新聞社がボイスメディアVoicyで放送中の音声ニュース「ながら日経」のフォロワーが、4月7日に10万人に到達しました。

「ながら日経」は、個性豊かなパーソナリティ8人(日曜は隔週交代)が日替わりでニュースを毎朝6時40分から届ける音声ニュースです。2019年7月に放送を開始し、約1年9カ月となる2021年4月7日にフォロワーが10万人に到達。放送の再生回数は、2000万回に迫っています。

「ながら日経」という名の通り、通勤・通学や在宅ワークの際に手軽にニュースに触れられることが、人気獲得に繋がっているようです。

株式会社Voicyと日本経済新聞社は、2019年1月に業務提携しており、同年7月に「ながら日経」、8月に厳選したニュースを1日5本届ける「ヤング日経」の放送を開始しました。従来の文字や画像を中心とした「目からの情報取得」に、音声による「耳からの情報取得」も加えた新聞社による新しいサービスで、フォロワーの拡大に伴い、若年層やビジネスパーソンなど新たなユーザーの獲得、エンゲージメント強化にも効果が出ているとのことです。

ボイスメディアVoicyとは

ビジネスのプロや芸能人などによる「声のブログ」に加え、4大マスメディアの記事が声で聴ける「メディアチャンネル」、企業が発信する「社外報(オウンドメディア)」など、音声コンテンツの集まった総合プラットフォームです。パーソナリティは審査制。審査通過率は1%前後となっています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

広告付き動画配信が生み出す巨大市場【Media Innovation Newsletter】8/15号

動画配信各社が、広告付きのプランを相次いで発表しています。ウォルト・ディズニーは「Disney+」の広告が入ったバージョンである「Disney+ Basic」を12月8日から米国で提供開始すると発表。ただし、価格は7.99ドルで、現行の「Disney+」と変わりませんが、現行版が10.99ドルに値上げされ「Disney+ Premium」となります。広告付き版でも全てのコンテンツが利用できるということです。

マイネット、ティーアンドエスからバスケットボールメディア事業を譲受

株式会社マイネットは、株式会社ティーアンドエスが...

クックパッドの第2四半期、レシピ広告が減少し減収・・・大きな赤字が続く

クックパッド株式会社が12日に発表した2022年...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事