アイモバイル、iOS14のIDFA取得のオプトイン必須化に対する「広告収益の低下対策」無償サポートを実施

アドネットワーク事業を展開する株式会社アイモバイルは、iOS14に伴うIDFA取得のオプトイン必須化による「広告収益の低下対策」の無償サポートを決定しました。

Appleが2020年6月に発表したiOS14の更新に伴い、2021年春からアプリがAppleの広告配信用の識別子(IDFA)にアクセスする際にユーザーに許可を求めることが必須化されることが予定されています。

IDFA取得にユーザーの許可が必要になるため、今までIDFAを元にユーザーをターゲティングしていた高単価案件が配信されづらくなり、広告収益の低下が予測されることから、同社はIDFA取得のオプトイン必須化に伴う広告収益の低下を最小限に抑える為の対応について無償でサポートすることを決定しました。

無償サポートでは、iOS14の仕様変更に伴う現状の対応確認、IDFA取得のオプトインが必須になる事での収益影響の説明、ATTダイアログの導入方法の提案、SKAdNetworkの導入サポート、国産ADNWや広告枠提案などIDFAに頼らない収益化の提案、AdMob/Applovin MAXといった最適なメディエーション設計の提案、新規ユーザー獲得支援を行います。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事