KADOKAWA、従業員対象に「サブスク手当」導入・・・テレワークが進む中従業員の多様なインプットを支援

出版・映像・ゲーム事業を手掛ける株式会社KADOKAWA(以下:KADOKAWA)は、7月1日より新たな福利厚生施策として、従業員が契約するエンタメジャンルのサブスクリプションサービスの利用を支援する「サブスク手当」を導入することを発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大により、テレワークの増加・外出自粛などの影響で自宅で過ごす時間が増える中、従業員の余暇を充実させるとともに、クリエイティブな発想力のためのインプットを支える目的で導入されました。

この制度では、KADOKAWAで働き、エンタメサブスクリプションサービスを契約している正社員・契約社員を対象に、毎月2000円の手当が支給されます。また、KADOKAWAのグループ企業である株式会社ドワンゴが提供する学習アプリ「N高校」のコンテンツを無料で受講することが可能になります。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事