書籍購買データ分析サービスのカタリストがKADOKAWA、講談社、集英社、ポプラ社による第三者割当増資を実施・・・来春に新サービスを提供予定

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループで、出版流通のデータ連携ソリューションを開発する株式会社Catalyst・Data・Partners(以下、カタリスト)は、2021年8月の第三者割当増資に続き、新たに株式会社KADOKAWA株式会社講談社株式会社集英社株式会社ポプラ社の4社による第三者割当増資を11月末までに実施すると発表しました。

オープンデータで「個人の生き方」「企業の意思決定」「社会の持続性」を支援していくことを目指し、2021年8月より業務領域を拡大してきたカタリストは、適法かつ適切に出版社、書店、取次各社のデータを連携し、オープンにシェアすることで出版業界の課題解決、各社の新規事業への活用促進に取り組んでいます。

今回、この取り組みに賛同し、業界構造のイノベーションに取り組 むパートナーとして、KADOKAWA、講談社、集英社、ポプラ社による第三者割当増資を実施します。

新サービス「CANTERA(カンテラ)」とは

「CANTERA」は、現在カタリストが提供する書籍購買データ分析サービス「DB Watch」と、日本出版販売株式会社が提供する出版社向けマーケット情報開示システムであるオープンネットワーク「WIN」のサービスを一元化した新サービスです。提供開始は、2022年春を予定しています。

「DB Watch」の購買データとオープンネットワーク「WIN」の流通・販売データの一元化によってデータの精度を向上し、より正確な書籍の需要予測によって返本率を削減。業界利益全体への寄与を目指します。また、適法かつ適切により多くの出版社、書店、取次各社とデータ連携を推進します。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger