「北欧、暮らしの道具店」、スマホアプリが1年半で150万DL突破・・・アプリで年間売上1.7倍増、EC売上の6割がアプリ経由

株式会社クラシコムが、同社が提供するライフカルチャープラットフォーム「北欧、暮らしの道具店」のスマホアプリ(iOS・Android)が提供開始から1年半で150万ダウンロードを突破したことを発表しました。

「北欧、暮らしの道具店」は、「フィットする暮らし、つくろう。」をコンセプトに、北欧を中心とした様々な国の雑貨を販売しながら、Web記事、音声メディア、ドキュメンタリーやドラマなどを独自の世界観で発信するライフカルチャープラットフォームです。

2019年11月にiOSアプリの提供を開始して以来、DL数は順調に伸び、2020年4月にAndroidアプリの提供を開始してから1年で100万DLを突破、1年半となる2021年10月には150万DLを突破しました。

スマホアプリは売上向上にもつながり、アプリ提供前の2019年7月期の売上27.4億円に対し、アプリ提供後の2021年7月期には年間売上が約1.7倍増の45.3億円に伸長。現在月間EC売上の56%がアプリ経由といいます。

「北欧、暮らしの道具店」は、アプリの成功要因として次の3点をあげています。

  1. 導線のシームレス設計

スワイプするとすぐに自分が見たいコンテンツに移動できたり、全コンテンツを一覧化してブックマークできたりする「お気に入り機能」など、シームレスなアプリ設計が好評で、ウェブページを利用していた既存顧客が徐々にスマホアプリへ移行しているといいます。

2. Youtube動画活用

YouTube動画「わたしの好きな時間」で“暮らし”の中でのアプリ活用を提案し、アプリのダウンロードを促進。さらに広告配信も行うことで新規ユーザーも獲得し、アプリのDL数は2倍増の伸びを示しています。

3. ウィジェット活用

ウィジェットを通して1日に3回程度、写真を添えて新着商品や配信時間帯に合わせたコラムやレシピなどの情報を配信。さらにウィジェットの機能や設定方法を解説する動画を公開したところ、ウィジェットを通じたスマホアプリの起動数は約2倍に増加したとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事