世界のECアプリのインストール数は前年比10%増、Amazonが首位陥落…Adjustがレポートを発表

モバイルマーケティング分析プラットフォームであるadjust(アジャスト)株式会社は、Adjustと米モバイルアプリ調査会社のSensor Towerのデータに基づくショッピングアプリの最新トレンドを分析した「Eコマースアプリレポート2021」を公開しました。

「Eコマースアプリレポート2021」によると、2021年にアプリ内収益が大幅に増加。2021年5月は、これまでで最大の収益を上げています。Adjustの2020年Eコマースアプリの収益トレンドで10月、11月、12月の収益が過去9ヶ月を上回っていることを考慮すると、今年のショッピングシーズンは史上最高の収益をもたらす可能性があるとのことです。

また、1日あたりのアプリ内滞在時間も増加。世界的にセッションごとの平均アプリ滞在時間が着実に増加しており、2019年は10.07分、2020年は10.42分、2021年は10.56分を記録しています。2021年で最もアプリ内滞在時間が長かったのは、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)で、セッションあたり10.97分を記録しました。

App Tracking Transparency(ATT)のオプトイン率を見ると、平均17%で、業界の当初の予測よりも高くなっています。Adjustは、ユーザーが関連性のある広告の価値についてより深く理解するようになるにつれて、今後も同意率が継続して高まると予測しています。

世界のEコマースアプリのインストール数は、前年比で10%増加しました。インストール数はAPAC(アジア太平洋地域)で9%増、LATAM(中南米)で11%増、EMEAで15%増となっています。Sensor Towerのデータは、Eコマースカテゴリーの世界トップ10のアプリを示しています。

2021年現時点でのEコマースアプリのグローバルトップは、昨年1位のAmazonを抜き、東南アジアと台湾で最大のEコマース・プラットフォームのShopeeでした。

継続率は、2020年に比べて2021年第1四半期にわずかに低下した後、第2四半期に回復。アプリインストール後の1日目を見ると、2020年第1四半期と第2四半期の継続率は21%でしたが、2021年第2四半期は26%に上昇しています。2021年第2四半期は、他の四半期よりも高い継続率を維持。7日目は17%、15日目は14%、30日目は11%を記録しています。

Adjustの共同創業者兼CEOであるポール H. ミュラー氏は、以下のように述べています。

「最も印象的なのは、世界中で店舗が徐々に営業を再開しつつも、Eコマースアプリが成長を続け、さらに多くの新規顧客を獲得しつつ、獲得済みのユーザーのリテンションも確保していることです。これは、モバイルが便利で最適化されたエクスペリエンスを顧客に提供できていることを示しています。ロイヤリティの高い顧客を獲得して維持することで、ブランドは年末年始にかけてのホリデーシーズンで引き続き成長することができるでしょう。」

また、日本でのEコマースアプリの成長はめざましく、インストール数は2019年から2020年にかけて31%、2021年に入ってからは9%の伸びを続けているほか、セッション数の伸びはさらに大きく、2019年から2020年にかけて51%、その後も17%の成長を続けているとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事