ヤフー、属性や検索ワードからユーザーのペルソナを可視化する「DS.INSIGHT Persona」をリリース

ヤフー株式会社は、18日、事業者向けデータソリューションとして、ビッグデータの活用を通してユーザーの興味関心や特徴を可視化し、ペルソナ(人物像)具現化することを可能にした新サービス「DS.INSIGHT Persona」の提供を開始したことを発表しました。

ヤフーでは、ビッグデータの活用を通して企業や自治体の課題解決や成長支援を実現するため、2019年より事業者向けデータソリューションサービスの提供を開始。

これまでには、検索データや位置情報をもとにブラウザ上で調査・分析を行う「DS.INSIGHT」、統計データをブラウザ外のシステムからダイレクトで利用可能にする「DS.API」、個々の要望に応じてオーダーメイドの課題解決を行う「DS.ANALYSIS」をリリースしていました。今回の「DS.INSIGHT Persona」は、「DS.INSIGHT」の追加オプションとしてリリースされます。

「DS.INSIGHT Persona」は、興味関心や属性などを指定するだけで、その条件に当てはまる具体的なユーザー像を作成し、多面的に可視化。事業者はこれらのペルソナをもとに、商品企画や販売促進などの領域の施策につなげるとともに、施策の幅を広げることが可能になります。また、「DS.INSIGHT Persona」を通して得られるデータは随時更新されるため、日々刻々と変化するユーザーのニーズをいち早くとらえることも可能とのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事