サイバーエージェント、好調のゲームが牽引し、営業利益80%増・・・1Q業績

株式会社サイバーエージェントが26日に発表した2022年9月期 第1四半期の連結業績(2021年10月1日~2021年12月31日)は、売上高1710億9000万円(前年同期比30.6%)、営業利益198億400万円(180.6%)、経常利益198億3600万円(186.1%)、親会社株主に帰属する四半期純利益60億9100万円(107.9%)となりました(決算短信)。

「ABEMA」、「WINTICKET」、「Ameba」等が属するメディア事業では、新しい未来のテレビ「ABEMA」への投資をしつつ、周辺事業が好調に推移し、売上高は249億9600万円、営業損益は38億4000万円の損失計上となりました。

インターネット広告事業本部、AI事業本部、CyberZ等が属するインターネット広告事業では、広告効果の最大化を強みに、過去最高の売上高を更新し、売上高は878億3100万円、営業損益は57億4600万円の利益計上となりました。

Cygames、CraftEgg、サムザップ、アプリボット等が属するゲーム事業では、2021年2月に提供開始した新規タイトルの貢献により、売上高は583億2900万円、営業損益は171億3000万円の利益計上となりました。

コーポレートベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルにおけるファンド運営等が属する投資育成事業では、売上高は24億6100万円、営業損益は19億6900万円の利益計上となりました。

マクアケ、リアルゲイト、ゼルビア等が属するその他事業では、売上高は63億4700万円、営業損益は1億5200万円の利益計上となりました。

今期の通期業績予想は、特にゲーム事業における大きな業績変動が見込まれることから、非開示としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

ニュースレター業界最大手サブスタック、不況の影響で14%の人員削減を実施

クリエイター経済を襲う嵐は3ヵ月か?3年か?それ...
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger