テレビ東京メディアネットとクラウドサーカス、アニメ領域に特化したNFTマーケットプレイスを開設

株式会社テレビ東京メディアネットは、クラウドサーカス株式会社とアニメ領域に特化したNFT(代替不可能なトークン)事業の共同展開に合意しました。

共同展開の第一弾は、アニメ領域に特化したNFTマーケットプレイス「fancity」の開設です。リリースは2022年10月を予定。主にテレビアニメの場面写真や設定画などのNFTを扱います。

ユーザーは、クレジット決済による日本円で好きな作品の1カットや、設定資料に対応するNFTを購入することが可能です。仮想通貨やウォレットを用意する必要がなく、PCやスマホから簡単に購入できます。

「fancity」の開発と運営はクラウドサーカス、販売コンテンツの獲得とNFTコンテンツの企画はテレビ東京メディアネットが担当。また、「fancity」はメディアエクイティが運営するNFTマーケットプレイス「HEXA」と連携し、安定した運用を行います。

今後「fancity」では、購入したNFTをマーケットプレイスと連動させた個人のメタバース上の好きな場所に飾ることができる「fanroom(ファンルーム)(仮)」の開設や、NFT保有者のみが閲覧できる限定コンテンツ、NFT保有者限定の特典などの展開を予定。新機能や新サービスを順次拡充していきます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,458フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事