KADOKAWA、韓流専門企業TIMO Japanを連結子会社化 日韓でのグローバル事業化を推進

株式会社KADOKAWAは株式会社TIMO Japanに新規の資本投資を2022年8月31日に行い、連結子会社化を完了したと発表しました。

TIMO Japanは2012年に設立された韓流専門企業で、韓国ドラマと映画を中心とした100作品以上の版権ライセンシングと流通事業を行っています。また、韓国を代表するアーティストの日本国内でのマネジメント、ファンクラブ運営、イベント事業を行い、映像流通事業との相乗効果を生み出しています。

連結子会社化によりKADOKAWAのグループ会社となったTIMO Japanは、11月1日付で社名を「株式会社KADOKAWA K+」(カドカワケイプラス)に変更。TIMO Japan代表取締役の閔丙浩(ミン・ビョンホ)氏と、KADOKAWA 顧問 兼 韓国事業総括担当の徐賢東(ソ・ヒョンドン)氏が共同代表取締役に就任しました。

KADOKAWAは、TIMO Japanの連結子会社化によりグローバル市場で急成長している韓国コンテンツの事業を推進し、KADOKAWAグループの成長機会を創出します。また、メディアミックスの一環として、韓国コンテンツと同グループの出版、デジタル、映像事業とのシナジー戦略で事業を多角化していきます。

KADOKAWA K+の今後の戦略について

KADOKAWA K+は、韓国の映像IP権利とアーティストコンテンツの拡大、事業の多角化戦略を通して、KADOKAWAグループのメディアミックスリソースを結合した成長を加速させていきます。また、KADOKAWAのIPを基盤にした日本と韓国での映像制作事業でIPのグローバル事業化を推進します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事